男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シリアスマン

  • しりあすまん
  • A SERIOUS MAN
  • A SERIOUS MAN

amazon


  • 平均評点

    64.8点(102人)

  • 観たひと

    156

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2011/2/26
上映時間 106分
製作会社 Focus Features
配給 フェイス・トゥ・フェイス
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

人生崩壊まっしぐらの一大パニックに陥った“世界一不幸な男”の運命をたどる2週間の物語。監督は「ノー・カントリー」のジョエル&イーサン・コーエン。出演は、舞台を中心に活躍するマイケル・スタールバーグ、「扉をたたく人」のリチャード・カインド、「容疑者」のフレッド・メラメッド、「最後の恋のはじめ方」のアダム・アーキンなど。

あらすじ

1967年。アメリカ中西部郊外の住宅地にマイホームを構えるラリー(マイケル・スタールバーグ)は、地元の大学で物理学を教える平凡で真面目な中年のユダヤ人。だが彼の家族はそれぞれ秘密や問題を抱えていた。ラリーの兄アーサー(リチャード・カインド)は無職で無気力、居候中のラリーの家から出て行く気配が全くない。ラリーの娘サラ(ジェシカ・マクマヌス)は、鼻の美容整形を密かに目論んでおり、息子ダニー(アーロン・ウルフ)は、乱暴者の同級生にマリファナ代金を支払えず、ぼこぼこに殴られるのではないかと脅えている。そんな中、ラリーが落第点をつけたアジア系学生が不満を表明、現金入りの封筒をワイロとして研究室に置いていく。帰宅すると、妻ジュディス(サリ・レニック)が別れ話を切り出し、離縁状を書いてほしいと告げてくる。既に彼女は再婚を考えており、しかも相手はラリーの友人サイ(フレッド・メラメッド)だという。さらに大学にはラリーを誹謗中傷する匿名の投書が届いていることも発覚。ジュディス、サイとの初めての三者会談では、家を出て行ってくれと言われて唖然とし、アーサーと共にモーテル暮らしをするはめになる。ワイロ学生の父親からは、名誉毀損で訴えてやると抗議を受け、ラリーは地元コミュニティーの指導者であるラビに助言を請うことにした。しかし応対した若い下位ラビは、珍妙な“神の存在の感じ方”を力説するばかりでさっぱりピンと来ない。ダニーからの電話を受けて自宅に戻ると、ジュディスが号泣しており、何とサイが交通事故で死亡したのだという。住宅ローン、モーテルの宿泊代金、弁護士への相談料、故障した車の修理代に加え、サイの葬式費用まで負担することになったラリー。苦悩深まるラリーの唯一の慰めは、不気味なまでにセクシーでミステリアスな隣人、サムスキー夫人から勧められたマリファナによるトリップ体験だった。だがそんなラリーにさらなる巨大な不運が襲いかかる……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月上旬号

見るまえに跳べ~奇才たちの矜持(プライド):(3)「シリアスマン」

UPCOMING 新作紹介:「シリアスマン」