男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戦火の中へ

  • せんかのなかへ
  • 71 INTO THE FIRE
  • 71 INTO THE FIRE

amazon


  • 平均評点

    69.8点(66人)

  • 観たひと

    105

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 韓国
製作年 2010
公開年月日 2011/2/19
上映時間 121分
製作会社 TAEWON ENTERTAINMENT
配給 角川映画
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督イ・ジェハン 
エグゼクティブプロデューサーチョン・テウォン 
撮影監督チェ・チョンミン 
プロダクション・デザインチェ・ギホ 
音楽イ・ドンジュン 
衣装デザインヤン・ミネ 

キャスト

解説

朝鮮戦争時、北朝鮮軍の猛攻に立ち向かったわずか71名の韓国軍学徒兵たちの実話を、1人の少年が母親に宛てた手紙に基づいて映画化。出演は人気ダンス・ヴォーカル・グループ”BIGBANG”のチェ・スンヒョン(『IRIS -アイリス-』)、「宿命」のクォン・サンウ。監督は「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン。

あらすじ

1950年6月25日、北朝鮮の奇襲によって始まった朝鮮戦争は、わずか3日でソウルが陥落。国連軍の支援を受けながらも韓国軍は敗走を続け、全滅の危機に瀕した8月には最後の砦、洛東江を死守するため、軍司令部のある浦項に駐留する部隊にも招集がかかる。そして、軍司令部が設置された浦項女子中学校の守備に残されたのは、戦闘経験がほとんどない71人の学徒兵。部隊を指揮するカン・ソクテ大尉(キム・スンウ)が守備隊のリーダーに任命したのはオ・ジャンボム(チェ・スンヒョン)という物静かな学生だった。気が弱いジャンボムは、その指示に困惑しつつも、部隊を統率しようと努力する。だが、彼の指示に対して一部の不良学生が反発。中でも最年長のガブチョ(クォン・サンウ)は少年院送りの代わりにと学徒兵に志願したという筋金入りの反逆児。ジャンボムとガブチョは事あるごとに衝突する。ジャンボムはそんな日々の様子を故郷の母親宛の手紙として書き綴っていた。その頃、北朝鮮の766部隊を率いるパク・ムラン少佐(チャ・スンウォン)は、“洛東江へ向かえ”という上層部の指示を無視して、学徒兵たちが守る浦項へのルートを進んでいた。浦項危機の情報は、洛東江で激戦を繰り広げるカン大尉の耳に届く。彼は上層部に援軍派遣を求めるが、劣勢の韓国軍にとって兵を割く余裕はなかった。やがて、浦項に到達したムランは、守備隊が守る学校内に単身乗り込んでくる。捕虜から守備隊には学徒兵しかいないという情報を入手した彼は、無条件降伏を迫ってきたのだ。だが、2時間以内の降伏を要求してきたムランに対して、ジャンボムは勇気を振り絞って、敢然とその要求を拒否する。こうして、全面衝突は決定的となる。そして、運命の8月11日。時計が正午を指すのと同時に、壮絶な死闘の始まりを告げる号砲が鳴り響いた……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月上旬号

HOT SHOTS:来日会見「戦火の中へ」

UPCOMING 新作紹介:「戦火の中へ」