男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イップ・マン 葉問

  • いっぷまんようもん
  • IP MAN 2
  • IP MAN 2

amazon


  • 平均評点

    76.0点(281人)

  • 観たひと

    429

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル アクション
製作国 香港
製作年 2010
公開年月日 2011/1/22
上映時間 109分
製作会社 Mandarin Films Distribution Co.
配給 フェイス・トゥ・フェイス=リベロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

香港が世界に誇るアクションスター、ブルース・リーが生涯ただ1人正式に教えを受けた師匠イップ・マンの生涯を描いたアクション映画。イップ・マンを演じるのは「セブンソード」のドニー・イェン。「燃えよデブゴン」のサモ・ハン・キンポーが共演。音楽を「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」の川井憲次が担当。

あらすじ

1950年、英国統治下の香港。イップ・マン(ドニー・イェン)は家族を連れて広東省から移住してくる。知り合いの好意で詠春拳の武館を開くと、若者ウォン(ホァン・シャオミン)や仲間たちが入門してきた。だが香港に存在する様々な門派の武館の元締め、洪拳の師範ホン(サモ・ハン・キンポー)がイップの前に立ち塞がる。中華料理店の不安定な円卓の上に立って、各門派の師範たちと戦うこと。それがホンがイップに課した武館開設の掟だった。ひとり、またひとりと相手を倒していくイップ。最後に彼の前に立ち塞がったのはホンだった。2人の死闘には最後まで勝負がつかず、ホンは金を納めることを条件に武館開設を認めるが、イップはそれを拒否。やがてホンの弟子たちとウォンたちが乱闘騒ぎを起こし、イップは武館閉鎖に追い込まれてしまう。自分を責めるウォンに“争わぬために闘う”という武術の心得を語るのだった。イップは、師範たちから集めた金を警察署長への賄賂に使っていたホンと再び相まみえることに。だが、挑みかかるホンのキックが、偶然彼の幼い息子に命中するかと思われたその瞬間。子供をさっと抱き上げたイップは言った。“勝負の決着より大切なものがあるのでは?”イップを認めたホンは、警察署長主催のボクシング大会に彼を招く。だがそのボクシング大会の会場で事件は起こった。試合後、イギリス人ボクサー、ツイスター(ダーレン・シャラヴィ)が中国武術を侮辱。リングに上がったホンが彼のパンチの前に壮絶な最期を遂げたのだ。人々の怒りは収まらず、警察署長はツイスターが中国武術家を倒す場面を公に見せつけて混乱を収めようと、新たに武術大会の開催を決める。イップ・マンは中国武術の誇りを守るため、人としての尊厳を守るため、静かに死闘のリングへと進み出る……。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊3月25日号 KINEJUN next vol.02

特別企画特集 本格アクション映画の系譜とその魅力:NEW RELEASE ACTION MOVIES 最新アクション映画ガイド 「イップ・マン 葉問」

2011年2月上旬号

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:「グリーン・ホーネット」ミシェル・ゴンドリー監督インタビュー

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:「グリーン・ホーネット」の魅力の源泉

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:再び誇張しはじめたブルース・リー伝説

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:師匠「イップ・マン」を演じた後継者ドニー・イェン

UPCOMING 新作紹介:「イップ・マン 葉問」