男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

GANTZ(2010)

  • がんつ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    63.5点(643人)

  • 観たひと

    1292

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    65

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2011/1/29
上映時間 128分
製作会社 「GANTZ」FILM PARTNERS(日本テレビ=集英社=東宝)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督佐藤信介 
アクション監督下村勇二 
特撮監督/特技監督神谷誠 
脚本渡辺雄介 
原作奥浩哉:(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
エグゼクティブプロデューサー奥田誠治 
企画佐藤貴博 
プロデューサー田中正 
飯塚信弘 
撮影監督河津太郎 
美術監督原田恭明 
装飾高畠一朗 
音楽川井憲次 
録音横野一氏工 
編集今井剛 
衣装デザイン宮本まさ江 
ヘアメイク本田真理子 
ライン・プロデューサー毛利達也 
製作担当荒木正人 
助監督李相國 
スクリプター/記録田口良子 
SFX/VFXスーパーバイザー前川英章 

キャスト

出演二宮和也 玄野計
松山ケンイチ 加藤勝
吉高由里子 小島多恵
本郷奏多 西丈一郎
夏菜 岸本恵
綾野剛 謎の集団のリーダー
水沢奈子 謎の集団の少女
千阪健介 加藤歩
白石隼也 桜井弘斗
伊藤歩 鮎川映莉子
田口トモロヲ 鈴木良一
山田孝之 重田正光

解説

奥浩哉の同名SFアクションコミックを原作に「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」の佐藤信介監督が映画化。敵を殺さなければ脱出できないという不条理な世界に生きる若者の姿を描く。出演は「大奥」の二宮和也、「ノルウェイの森」の松山ケンイチ、「すべては海になる」の吉高由里子、「GOTH」の本郷奏多、「君に届け」の夏菜など。

あらすじ

就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められ、リビングの中央にはGANTZ<ガンツ>と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。出ることの許されないその部屋で、GANTZ<ガンツ>は死んだはずの人々に生き残るためのミッションを与える。それは“星人と戦い、そして殺すこと”だった。戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する。やがて戦いを終え部屋に戻るとGANTZ<ガンツ>による採点が行われる。星人を倒し得点を重ね、“100てん”になるとこの世界から解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ、元の世界に一時的に戻される。だが、“100てん”を取るまで戦いは終わらない。玄野は戦いに目覚め、生き抜くことを選択するが、加藤は暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する。生と死を実感しながら、その不条理な世界での戦いは苛烈を極めていく……。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2月21日号 KINEJUN next vol.01

RECOMMENDED NEW CINEMA:「GANTZ」

2011年2月上旬号

REVIEW 日本映画:「GANTZ」

UPCOMING 新作紹介:「GANTZ」

2010年9月上旬号

HOT SHOTS:「GANTZ」製作報告会見