男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

グリーン・ホーネット

  • ぐりーんほーねっと
  • THE GREEN HORNET
  • THE GREEN HORNET

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    62.4点(451人)

  • 観たひと

    803

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    62

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/1/22
上映時間
製作会社 Original Film
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 不明
アスペクト比 IMAX(1.44:1)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

キャスト

解説

ブルース・リーも出演した米国製テレビアクションを、「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリーが劇場用にリメイク。新聞社の社長とその助手が、正体を隠して悪党を退治する。出演は「40歳の童貞男」のセス・ローゲン、「ナイト&デイ」のキャメロン・ディアス、「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ヴァルツ。

あらすじ

ブリット・リード(セス・ローゲン)はロサンゼルスの大新聞社の御曹司。幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられた反動から、絵に描いたような放蕩息子に成長。金持ちでプレイボーイ、人から指図されることを嫌う、自由奔放な青年だった。だがある日、彼の父ジェームズ・リード(トム・ウィルキンソン)が蜂に刺されたことが元でこの世を去り、ブリットは突然、社長の座に就く。そして出会ったのが、完璧な仕事ぶりを見せる父の運転手カトー(ジェイ・チョウ)。カトーはブリットに、ジェームズが他人には見せない、もう一つの顔を持っていたことを告げる。正義に目覚め、ロスの街の悪党を一掃する決心を固めるブリット。単なる運転手だけでなく、天才発明家としての顔も持つカトーは、どんな武器もどんな攻撃も通用しないハイテク装置満載の自動車“ブラック・ビューティー”を完成させる。全身をグリーンのスーツとマスクに包んだブリットとカトーは、自分たちを“グリーン・ホーネット”と命名。そしてブリットは、悪党に近づくには悪党を装う方が有利と考え、自社の新聞記事でグリーン・ホーネットを新たな悪党と書き立てながら、悪党たちを倒してゆく。そこには、ブリットの美人で有能な秘書レノア・ケース(キャメロン・ディアス)の協力もあった。そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街すべてを欺く決戦に立ち上がる……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年2月上旬号

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:「グリーン・ホーネット」ミシェル・ゴンドリー監督インタビュー

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:「グリーン・ホーネット」の魅力の源泉

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:再び誇張しはじめたブルース・リー伝説

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念 ブルース・リーのルーツを探る:師匠「イップ・マン」を演じた後継者ドニー・イェン

UPCOMING 新作紹介:「グリーン・ホーネット」