男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カンフーサイボーグ

  • かんふーさいぼーぐ
  • KUNG FU CYBORG ATTRACTION
  • KUNG FU CYBORG ATTRACTION

amazon


  • 平均評点

    57.6点(13人)

  • 観たひと

    25

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 香港
製作年 2009
公開年月日 2011/1/22
上映時間 103分
製作会社 Mei Ah Entertainment=Shanghai Film Group
配給 竹書房
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「チャイニーズ・オデッセイ」シリーズのジェフ・ラウ監督によるSFカンフーアクション。近未来を舞台に、サイボーグ化された警官の活躍を描く。出演は「トランサー 霊幻警察」のアレックス・フォン、「レッドクリフ」シリーズのフー・ジュン、「SPIRIT」のスン・リー、「インビジブル・ターゲット」のウー・ジン、「カンフー・ダンク!」のエリック・ツァンなど。

あらすじ

西暦2046年。中国・黒江省の小さな村の警察署長タイチョン(フー・ジュン)は、政府の科学センター主任(エリック・ツァン)に見込まれ、極秘開発されたサイボーグ警官K1(アレックス・フォン)を預かることとなる。署内唯一の女性警官ムイ(スン・リー)は彼に胸をときめかせるが、昔から彼女を想っていたタイチョンにはそれが面白くない。そんなある日、K1の前に彼と同様に開発されながら自己の意識に目覚め、センターを逃走した新型サイボーグK88(ウー・ジン)が現れる。だが、トランスフォームして巨大ロボットと化した二人の死闘に巻き込まれ、タイチョンが死亡。K1はタイチョンの死を隠すために、彼をロボット化するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「カンフーサイボーグ」