男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ソウル・キッチン

  • そうるきっちん
  • SOUL KITCHEN
  • SOUL KITCHEN

amazon


  • KINENOTE Selection映画館で観る

  • 平均評点

    74.0点(236人)

  • 観たひと

    380

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ フランス イタリア
製作年 2009
公開年月日 2011/1/22
上映時間 99分
製作会社 Corazon International=Dorje Film=Norddeutscher Rundfunk (NDR)=Pyramide Productions
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

多民族が一緒に暮らすドイツ、ハンブルグのレストランを舞台に、その店に集う人々の人間模様を綴る。監督は「そして、私たちは愛に帰る」のファティ・アキン。ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作品。主演のアダム・ボウスドウコス(「SHORT SHARP SHOCK」)は、自分の体験を元に本作の脚本も手掛けた。

あらすじ

ジノス(アダム・ボウスドウコス)は、レストラン“ソウル・キッチン”の若きオーナー。庶民的な店で、常連客はいるものの、繁盛からはほど遠い。ある日、ジノスはジャーナリスト志望の恋人ナディーン(フェリーネ・ロッガン)とともに訪れた高級レストランでシェフのシェイン(ビロル・ユーネル)がクビにされる現場を目撃。ジノスは彼をスカウトする。だが、シェインの料理は堅苦しくて常連客に受け入れられず、客足は遠のく一方。そこへ学生時代の友人で今は不動産業のノイマン(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)がやってきて、店を売れと迫る。さらに税務署が、滞納していた税金の代わりにステレオを差し押さえていく。その上、ノイマンの嫌がらせで、衛生局からは手作りのキッチンを1カ月で改善しないと業務停止するとの脅しを受け、やむなく店は一時休業。悩みを相談したいが、ナディーンは仕事ですでに上海。次から次へとジノスに降りかかる災難。ついにジノスは、ナディーンのいる上海へ行くことを決意する。そんなある時、休業中の店で従業員のルッツがバンドのライブリハーサルを始めると、演奏を目当てに人が集まってくる。そこへ、ジノスの兄イリアス(モーリッツ・ブライプトロイ)が刑務所から仮出所してくる。店に出入りするうちにウェイトレスのルチア(アンナ・ベデルケ)に恋をしたイリアスは、仲間とともにDJセットを盗み出し、店で音楽を流す。賑わいを見せるソウル・キッチン。音楽の力とシェインの料理が評判を呼び、連日大繁盛。ジノスは、店をイリアスに任せてナディーンのいる上海へ向かおうと空港を訪れるが、そこで帰省したナディーンと再会。しかも、彼女の隣には中国人の恋人が寄り添っていた。追い打ちをかけるように、店を訪れたノイマンがイリアスを巧みにギャンブルに誘い、店を奪い取ってしまう。“ソウル・キッチン”存続の危機に、ジノスたちは……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年2月上旬号

REVIEW 外国映画:「ソウル・キッチン」

評論家発映画批評:「ソウル・キッチン」

UPCOMING 新作紹介:「ソウル・キッチン」

2011年1月下旬号

INTERVIEWS:ファティ・アキン「ソウル・キッチン」監督