男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

チェブラーシカ(2010)

  • ちぇぶらーしか
  • Cheburashka
  • Cheburashka
  • 平均評点

    66.0点(43人)

  • 観たひと

    78

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー / ファミリー
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/12/18
上映時間 80分
製作会社 劇場版チェブラーシカ製作委員会(制作協力:ファンゴ・エンタートイメント)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督中村誠 
脚本中村誠 
ミハイル・アルダーシン 
金月龍之介 
島田満 
エドゥアルド・ウスペンスキー 
ロマン・カチャーノフ 
原作エドゥアルド・ウスペンスキー 
エグゼクティブプロデューサー及川武 
ジェネラル・プロデューサー藤原博行 
クリエイティブ・プロデューサーミハイル・アルダーシン 
共同プロデューサー武内健 
美術監督ミハイル・アルダーシン 
第2美術監督ミハイル・トゥメーリャ 
主題歌木村カエラ:(「orange」)

キャスト

出演(声)大橋のぞみ チェブラーシカ
北乃きい マーシャ
土田大 ゲーナ
チョー シャパクリャク
藤村俊二 奇術師
ラリーサ・ブロフマン チェブラーシカ
オリガ・ズベーレワ マーシャ
ウラジーミル・フェラポントフ ゲーナ
ドミトリー・フィリモーノフ シャパクリャク
アレクサンドル・パジャーロフ 奇術師

解説

ロシアの国民的人気パペット・アニメ「チェブラーシカ」を、日本人スタッフが中心となり製作した27年ぶりの続編。リメイク版第1話を含め3話で構成。監督は「劇場版CLANNAD」(脚本担当)の中村誠で、監督デビュー作となる。日本語版吹き替えは大橋のぞみ、北乃きい、土田大、藤村俊二ほか。ロシア語オリジナル版は80分、日本語吹き替え版は63分。「くまのがっこう ジャッキーとケイティ」と同時上映。

あらすじ

遠い南の国からオレンジの木箱に閉じ込められてやってきた、大きな耳の小さないきもの(声:大橋のぞみ)は、起こしてもすぐに倒れてしまうことから、『チェブラーシカ(ばったり倒れ屋さん)』と名付けられる。チェブラーシカは動物園にも受け入れてもらえず、都会の片隅にある電話ボックスを寝床にひとりで暮らし始める。ある日、同じくひとりぼっちのワニ・ゲーナの友達募集の貼紙を見つけたチェブラーシカは、ゲーナの家を訪ねる。すぐ友達になった2人は、サーカス団に入るため綱渡りの練習をしている少女マーシャ(北乃きい)、生き別れになった孫娘を探して旅を続ける奇術師のおじいさん(藤村俊二)といった仲間を増やしていく。

関連するキネマ旬報の記事

2011年1月下旬号

日本で復活した「チェブラーシカ」:原作者エドゥアルド・ウスペンスキーに聞く秘密

2011年1月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「チェブラーシカ」同時上映:くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~