男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ROCK&RULE ロックン・ルール

  • ろっくんるーる
  • Rock & Rule
  • ROCK & RULE
  • 平均評点

    53.0点(2人)

  • 観たひと

    4

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル アニメーション / ミュージカル
製作国 カナダ
製作年 1983
公開年月日 2010/12/3
上映時間 78分
製作会社 Nelvana=Canada Trust=Canadian Film Development Corporation (CFDC)=Dratsco=Famous Players
配給 ゼイリブ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

本邦初公開となる1983年に製作されたカルト・アニメ。チープ・トリックのロビン・ザンダー、ブロンディのデボラ・ハリー、ルー・リード、イギー・ポップなど錚々たるミュージシャンが登場人物の歌声を担当する、世紀末の雰囲気を漂わせたロック・ミュージカル。監督は、「ぞうのババール」製作のクライヴ・A・スミス。※DLP上映。

あらすじ

最終核戦争後の未来、絶滅した人類に代わって、トランスミュートした動物たちが地上を支配していた。かつてのロック界のスーパースター、モック(声:ポール・ル・マット)は、あるシークレット・ライブを行おうとしていた。それは別次元から悪魔を復活させる儀式であり、モックは悪魔(イギー・ポップ)に取り憑かれていたのだ。その儀式に必要なのは、悪魔の魂を甦らせる“ミラクル・ボイス”だった。モックはその声の持ち主が、無名のパンクロックバンドのボーカル、エンジェル(スーザン・ロマン)であることを突き止める。モックはシークレット・ライブで歌わせるため、エンジェルを誘拐する。バンドのメンバーたちはモックの野望を阻止して、エンジェルの奪還を目指す。そしてミラクル・ボイスを巡る、悪魔と神の最終決戦の火蓋が切って落とされる。

関連するキネマ旬報の記事