男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ショージとタカオ

  • しょーじとたかお
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.1点(23人)

  • 観たひと

    26

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2011/3/19
上映時間 158分
製作会社
配給 「ショージとタカオ」上映委員会
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット DVCAM

スタッフ

監督井手洋子 
制作井手洋子 
撮影井手洋子 
撮影協力西尾清 
藤江潔 
岡田文彦 
西島房宏 
須藤恵司 
相馬健司 
音楽寺島琢哉 
整音久保田幸雄 
編集井手洋子 
編集協力長島光男 
江口洋二 
MA協映 
選曲黒澤道雄 
制作協力原田真志:((イラスト))
長谷川玲 
水野嘉女 
林昌幸 

キャスト

出演桜井昌司 
杉山卓男 
ナレーション井手洋子 

解説

所謂「布川事件」の犯人として、冤罪を訴えながらも長年服役していた二人の男性が仮釈放で29年ぶりに刑務所から出所。彼らが変わり果てた社会に戸惑い、やがて適応していく姿を、再審請求運動を軸に14年に渡って追い続けたドキュメンタリー。監督・制作・撮影・編集・ナレーションは、羽田澄子監督の「歌舞伎役者・片岡仁左衛門」「安心して老いるために」で監督協力・演出助手を担当した井手洋子。2010年10月9日、東京港勤労福祉会館にて有料試写会上映された。2010年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第1位。

あらすじ

1967年8月に茨城県で発生した強盗殺人事件、いわゆる「布川事件」の犯人として逮捕された二人の男性、桜井ショージと杉山タカオ。映画はショージとタカオが仮釈放で刑務所から出て来るところから始まる。ショージとタカオは20歳のときから29年間獄中にいた。「犯人じゃない!」獄中から、そして社会に戻って来てからも2人は無罪を訴え、裁判のやり直しを求め続ける。2人を偶然知ったディレクターの井手洋子は、自分のビデオカメラでその日常を記録し始める。券売機で電車の切符を買えないタカオ。廃屋同然になった我が家に呆然とするショージ。30年近く社会と隔絶していた2人にとって、時代の変化は大きかった…。ショージは背が低く、タカオは身長180センチの大男。ショージはおしゃべりがうまく、タカオは話ベタ。ショージは服装にこだわりがなく、タカオはお洒落さん。何かにつけて対照的な2人は同時にライバルであった。仕事を見つけたい、彼女が欲しい…普通のおじさんになるために2人はハードルを乗り越えていく。そして2010年夏再審公判が始まる。桜井ショージ63歳、職業:建設作業員。杉山タカオ64歳、職業:造園業。仮釈放された1996年秋から再審公判が始まった2010年夏までの14年間を2人のサイドから見つめた記録映画。

関連するキネマ旬報の記事

2012年6月上旬号

レポート:キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位のその後

2011年6月下旬号

第2特集「ショージとタカオ」と冤罪事件を語る映画ジャーナリズムの真実:対談 井手洋子×江川紹子

2011年3月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ショージとタカオ」

2011年1月上旬号

文化映画:「ショージとタカオ」