男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍

  • よんよんににっけいぶたいあめりかしじょうさいきょうのりくぐん
  • 442 -Live with Honor, Die with Dignity-
  • 442 -LIVE WITH HONOR, DIE WITH DIGNITY-
  • 平均評点

    72.9点(14人)

  • 観たひと

    26

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 戦争 / 社会派
製作国 日本 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2010/11/13
上映時間 97分
製作会社 442Film Partners(制作 UTB=フィルムヴォイス)
配給 フィルムヴォイス
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット HDCAM

スタッフ

監督すずきじゅんいち 
脚本すずきじゅんいち 
エグゼクティブプロデューサー鈴木隆一 
早川敏和 
コー・エグゼクティブ・プロデューサー古賀哲夫 
企画すずきじゅんいち 
プロデューサー岡野進一郎 
羽田アン 
チーフプロデューサー寺坂重人 
撮影監督小渕将史 
音楽喜多郎 
録音古賀洋輔 
寳川順也 
ジョージ・ラッセル 
宗円俊之 
宮武亜伊 
レコーディングエンジニア多田真由美 
サウンド編集クリスタル・パーク 
編集水原徹 
リレコーディングミキサーメディ・ハシーヌ 
アソシエイト・プロデューサーエリカ・ジョーンズ 
アシスタントプロデューサー津田実名子 
CG高橋考司 
山口和馬 
カラーリスト小渕将史 

キャスト

インタビューエリカ・ジョーンズ 
ナレーションレーン・ニシカワ 

解説

太平洋戦争当時、収容所に送られた在米日系人たちで編成された米軍“442連隊”。米国内で人種差別を受ながらも、軍人として父母の祖国と戦い、数々の戦果を挙げた彼らの足跡を追い、米国日系人の歴史にスポットを当てたドキュメンタリー。監督は「東洋宮武が覗いた時代」のすずきじゅんいち。音楽は「宋家の三姉妹」の喜多郎。

あらすじ

第二次大戦当時、日系人だけで構成された米軍部隊“442連隊”は米軍史上最も多くの勲章を受けた部隊として名を残している。だが、彼らは父母の祖国・日本と戦うということと同時に、米国内の人種差別とも戦わなければならない苦悩を抱えていた。1941年12月7日。日本軍がハワイ真珠湾を奇襲攻撃し、太平洋戦争が開始。それは同時に、在米日系人にとっても苦難の幕開けでもあった。国家から敵性国民として指定された約12万人の日系人が、全米10カ所の強制収容所に送られた。軍籍にあった日系兵士も銃を取り上げられ、警戒と差別の目で見られ、国の為に戦うことも許されなかった。だが、日系人たちによる政府への働きかけや、戦況の変化により結成されたハワイ日系人部隊“第100大隊”が目覚ましい活躍を挙げたことで、周囲の状況が変化。日系人だけの部隊“442連隊”が誕生する。だがそれは、必ずしも彼らの愛国心や忠誠心が理解されたということではなかった。一般の米国民からは相変わらず“ジャップ”呼ばわりされていた。彼らは自分たちの愛国心や忠誠心、勇気を示すために、人一倍の努力と奮闘を続ける。やがて442連隊はその旗下に第100大隊を併合。勇猛勇敢さを認められていた第100大隊は隊名をそのまま残し、第100大隊を含む442連隊は前線に出向く。千人針を身に纏った彼らは、“バンザイチャージ”で突撃、激しい闘いを繰り広げたのだった。

関連するキネマ旬報の記事