男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビッチ・スラップ 危険な天使たち

  • びっちすらっぷきけんなてんしたち
  • Bitch Slap
  • BITCH SLAP
  • 平均評点

    52.2点(27人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2010/10/23
上映時間 109分
製作会社 Bombshell Pictures=IM Global
配給 リベロ=日活(提供 日活=ハピネット)
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

2億ドルのダイヤを巡る悪女たちの攻防を、70年代のB級映画にオマージュを捧げつつ描いたバイオレンス・アクション。監督は、ドラマ『ジーナ』のリック・ジェイコブソン。出演は、トップモデルで映画初出演のジュリア・ヴォス、「13日の金曜日」のアメリカ・オリヴォ、ドラマ『スパルタカス』のエリン・カミングス。

あらすじ

ゴージャス・ボディの女3人、ストリッパーのトリクシー(ジュリア・ヴォス)、麻薬売人のカメロ(アメリカ・オリヴォ)、高級娼婦のヘル(エリン・カミングス)は、裏社会のボス・ゲイジが隠した2億ドルのダイヤの略奪を計画する。車のトランクに血だらけのゲイジを押しこみ、3人は砂漠に降り立つ。しかしイラついたカメロは、ゲイジがダイヤの在り処を吐く前に殺してしまう。リーダーのヘルは激怒する。ゲイジは、伝説の殺戮者で闇のフィクサーであるピンキーの部下だったので、3人は恐怖にかられ、必死でダイヤを探す。カメロは、足手まといのトリクシーにキレる。数時間前、トリクシーはゲイジ邸で失敗を犯すが、彼女を助け、ゲイジを拉致したのはカメロだった。ヘルはカメロをなだめ、砂漠に破棄されていたトレーラーから、戦車も倒せるK14レールガンという兵器を発見する。そのころ、カメロを追ってきたパンク野郎と女子高校生ファッションの女・キンキのサイコなカップルが、残された2人を襲撃していた。キンキはヨーヨーを武器にトリクシーを人質にとり、ヘルとカメロにダイヤの捜索を命じる。ヘルとカメロが砂漠を掘ると、コードナンバーで開く扉が現われる。マシンガンを持ったパンク野郎に脅されたヘルがナンバーを押すと、扉が開く。パンク野郎が3人にマシンガンを向けると、地元の副保安官・フュークスが飛び込んでくる。キンキはヨーヨーで応戦するが、その隙にヘルがK14レールガンでカップルを殺害する。こうして難を逃れた3人だったが、数時間前、数日前、数カ月前と時間をさかのぼり、3人の秘密が明かされていく。

関連するキネマ旬報の記事

2010年12月上旬号

評論家発映画批評:「ビッチ・スラップ 危険な天使たち」

評論家発映画批評:「ビッチ・スラップ 危険な天使たち」