男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ANPO

  • あんぽ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.3点(4人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 アメリカ 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/9/18
上映時間 89分
製作会社 ANPO MOVIE LLC
配給 アップリンク
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット VTR

スタッフ

キャスト

解説

太平洋戦争時の特攻隊を追った「TOKKO/特攻」でプロデューサーを務めたリンダ・ホーグランドが、監督として60年安保に迫ったドキュメンタリー。当時を知るアーティストたちの証言や作品を通して、日本とアメリカの関係を見つめ直す。証言者は美術家の横尾忠則、俳優の串田和美、歌手の加藤登紀子、作家の半藤一利など。

あらすじ

1960年6月に日米安全保障条約が岸信介政権下で自動更新されるまでの一ヶ月間、国会周辺は安保に反対する市民のデモであふれ返った。1945年の敗戦からわずか15年の時代。学生、労働者、主婦など様々な立場の人が参加したこの運動を一つにした最大の理由は“2度と戦争をしたくない”という市民の強い意志だった。日本で生まれ育ったアメリカ人のリンダ・ホーグランドは、海外の映画祭に日本映画を出品する際の通訳や、英語字幕作成者として活動してきた。仕事を通して日本映画を深く知るにつれ、彼女は1960年の安保闘争が当時を経験した映画監督たちに大きなトラウマを残していることに気づく。さらに、当時のアーティストたちが絵画や写真を通して安保問題、米軍基地問題を表現し、市民による抵抗の歴史がある事を知った。これらの経験がホーグランドを動かし、この映画の制作に至る。60年安保闘争とは何だったのか。人々を反対運動に掻き立てたのは何だったのか。そして、その後遺症として未だに日本に残る米軍基地が日本にどういう影響を及ぼしているのか。それらを映画という形で伝えようという試みである。

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月下旬号

文化映画:「ANPO」