男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トラブル・イン・ハリウッド

  • とらぶるいんはりうっど
  • What Just Happened
  • WHAT JUST HAPPENED

amazon


  • 平均評点

    62.5点(92人)

  • 観たひと

    153

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2010/9/4
上映時間 104分
製作会社 2929 Productions=Art Linson Productions=Tribeca Productions
配給 フリーマン・オフィス(提供 角川映画)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「レイジング・ブル」などで二度のオスカーに輝くロバート・デ・ニーロ主演で、ハリウッドの映画プロデューサーの苦労をコミカルに描くバックステージもの。「ミルク」のショーン・ペンや「サロゲート」のブルース・ウィリスが本人役で出演するなど、豪華キャストが顔を揃える。監督は「レインマン」のバリー・レヴィンソン。

あらすじ

ベン(ロバート・デ・ニーロ)はハリウッドで活躍する敏腕プロデューサー。様々な難題が次々と降りかかり、頭の痛い日々が続いていた。とある試写会。ショーン・ペン(ショーン・ペン)主演でカンヌ映画祭のオープニングに決まっている作品が、大不評を買ってしまう。映画会社の女社長ルー(キャサリン・キーナー)は作品の修正を求めるが、監督のジェレミー(マイケル・ウィンスコット)はそれを拒否。最終的な編集権を持つルーは、修正しなければキャリアの終わりだと、ベンに言い放つ。その一方で、プライベートでも問題を抱えるベン。離婚した妻との間の娘ゾーイ(クリステン・スチュワート)はわけもわからず彼の前で泣きはらす。一年前に離婚した二番目の妻ケリー(ロビン・ライトペン)には未練を残したまま、中途半端な関係を保っていた。さらに、彼を悩ませたのは三日後にクランクインを控えた映画。主演のブルース・ウィリス(ブルース・ウィリス)が、役のイメージからかけ離れた髭面にメタボという姿で現場に現れたのだ。出資した映画会社の社長は怒り心頭。撮影現場に向かったベンは、ブルースを説得しようとするが、逆に怒らせてしまう。困り果てたベンは、エージェントのディック(ジョン・タトゥーロ)に説得を頼んで、その場を後にする。翌日、ジェレミーから連絡が。不評だったシーンを再編集したとのことで、なんとかカンヌの上映問題はクリア。一安心するが、まだブルースの件が片付いていない。ディックに状況を問い合わせると、ブルースからエージェント契約を切られたという。そして、ついにクランクイン初日。映画会社のお偉方が顔を揃える中、姿を現すブルース。一瞬ヒヤリとするものの、髭は剃り落され、体もすっきり。それを見て、ようやく安堵の表情を浮かべるベン。1週間後、カンヌ映画祭のオープニング上映。だが、安心しきってスクリーンを見つめるベンの目に飛び込んできたものは……?

関連するキネマ旬報の記事

2010年9月下旬号

REVIEW 外国映画:「トラブル・イン・ハリウッド」