男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

×ゲーム

  • ばつげーむ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    50.3点(23人)

  • 観たひと

    50

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/9/18
上映時間 119分
製作会社 ジョリー・ロジャー=ハピネット
配給 ジョリー・ロジャー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督福田陽平 
脚本安里麻里 
南川要一 
原作山田悠介:(幻冬舎文庫刊)

キャスト

解説

山田悠介の同名サスペンス小説を原作に、「学校裏サイト」の福田陽平監督が映画化。“×ゲーム”といういじめが行われていた小学校時代から12年後、その復讐に巻き込まれる若者たちの姿を描く。出演は「華鬼 第一部 華鬼×神無編」の荒木宏文、「スリーデイボーイズ」の菊地あやか、「星砂の島のちいさな天使 マーメイドスマイル」の三上真史など。

あらすじ

赤いブリキ箱にいじめの内容を書いたクジを入れ、それを引いては書かれたことを実行する“×ゲーム”。12年後、そんないじめが行われていた小学校の教師が突然自殺。これを他殺と疑う当時の生徒・小久保英明(荒木宏文)は、真相を探るうち、12年前にいじめられっ子だった蕪木毬子が犯人ではないかと疑い始める。だがある日、恋人の明神理香子(菊地あやか)から連絡を受けた英明が、彼女の家を訪ねると突然襲われ、拉致されてしまう。監禁された場所には、同じく拉致された同級生の小泉智絵(仲川遙香)らの姿があった。そこではルーレットが止まった者がクジを引き、“×ゲーム”を強要される。しかもその“×ゲーム”は昔とは比べものにならないほど恐ろしいものであった……。

関連するキネマ旬報の記事