男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シスタースマイル ドミニクの歌

  • しすたーすまいるどみにくのうた
  • Soeur Sourire
  • SOEUR SOURIRE
  • 平均評点

    66.2点(26人)

  • 観たひと

    43

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス ベルギー
製作年 2009
公開年月日 2010/7/3
上映時間 124分
製作会社 Paradis Films=Les Films de la Passerelle=Eyeworks Film & TV Drama=Kunst en Kino
配給 セテラ・インターナショナル
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

60年代に世界中で大ヒットした名曲『ドミニク』を歌い、波瀾の生涯を送ったシスターの実話を描いた感動作。出演は、「モンテーニュ通りのカフェ」のセシル・ド・フランス、「トト・ザ・ヒーロー」のサンドリーヌ・ブランク。監督は、「神父ダーンス」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたステイン・コニンクス。

あらすじ

1950年代後半のベルギー・ブリュッセル近郊に暮らすジャニーヌ・デッケルス(セシル・ド・フランス)は、学校に訪問に来た修道女たちの話を聞き、従妹のフランソワーズ(マリー・クレメール)と共にアフリカの救援活動に憧れを抱く。しかし抑圧的な母ガブリエル(ジョー・デスール)は、ジャニーヌに好意を寄せるピエール(ラファエル・シャルリエ)との結婚を望んでいた。ジャニーヌは自分の存在意義を求め、修道院に入る決意をする。母はジャニーヌに、2度と家の敷居をまたがせないと告げる。ジャニーヌは、ギターとエルヴィス・プレスリーの写真をトランクに忍ばせて、フィシェルモンの修道院を訪れる。しかし修道女になるには6年の修行が必要で、ギターも取り上げられてしまう。ジャニーヌは厳しい規律になじめず、問題を起こしてばかりいた。しかし、その率直な性格が次第に先輩や院長から理解されるようになり、ギターを弾くことを許される。ジャニーヌは、ドミニコ教会を創立した聖ドミニコを讃える曲『ドミニク』を創る。その明るいメロディと美しい歌声を知ったレコード会社は、謎の歌うシスターとしてジャニーヌと“シスタースマイル”という芸名で契約を交わす。ジャニーヌはデビューし、印税は教会へ寄付されることになった。『ドミニク』はベルギーのみならず世界中で大ヒットし、全米ビルボード誌で1位を獲得する。あらゆるメディアが教会へ取材に押しかけ、音信不通だった両親までも彼女がスターになったことを喜び、教会に会いに来た。ジャニーヌはアメリカのTV番組でコンサート活動をしたいと発言したり、女性の産児制限を賛美する歌を創ったりして、修道院の反感を買う。ジャニーヌは自由に歌うことを求め修道院を去るが、実家にも戻れず、親友のアニー(サンドリーヌ・ブランク)と共同生活を始める。レコード会社はシスターでなくなった彼女に冷たく、芸名の使用も認めなかった。そんなジャニーヌの元に、カナダでのコンサートツアーの話が舞い込む。

関連するキネマ旬報の記事

2010年8月上旬号

評論家発映画批評:「シスタースマイル ドミニクの歌」

2010年7月下旬号

「シスタースマイル ドミニクの歌」:

REVIEW 外国映画:「シスタースマイル ドミニクの歌」