男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

瞳の奥の秘密

  • ひとみのおくのひみつ
  • El secreto de sus ojos
  • THE SECRET IN THEIR EYES
  • 平均評点

    77.0点(275人)

  • 観たひと

    392

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    54

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スペイン アルゼンチン
製作年 2009
公開年月日 2010/8/14
上映時間 129分
製作会社 100 Bares=Canal+ Espana=Haddock Films=Tornasol Films
配給 ロングライド(提供 東宝=ロングライド)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演リカルド・ダリン Benjamin Esposito
ソレダー・ビヤミル Irene Menendez Hastings
パブロ・ラゴ Ricardo Morales
ハビエル・ゴンディーノ Isidoro Gomez
ギレルモ・フランセーヤ Pablo Sandoval

解説

刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件を小説化しようとするが、秘められた事件の真相と、かつて上司だった女性への想いに葛藤する。出演は「NINE QUEENS 華麗なる詐欺師たち」のリカルド・ダリン。監督はアルゼンチン出身のファン・ホセ・カンパネラ。第82回アカデミー賞外国語映画賞受賞。

あらすじ

刑事裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、仕事も家族もない孤独な時間と向き合っていた。残りの人生で、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意し、久しぶりに当時の職場を訪ねる。出迎えたのは、彼の元上司イレーネ・ヘイスティングス(ソレダ・ビジャミル)。変わらずに美しく聡明な彼女は、今や検事に昇格し、2人の子供の母親となっていた。彼が題材にした事件は1974年にブエノスアイレスで発生したもの。幸せな新婚生活を送っていた銀行員リカルド・モラレス(パブロ・ラゴ)の妻で23歳の女性教師が、自宅で暴行を受けて殺害されたのだ。現場に到着したベンハミンは、その無残な遺体に衝撃を受ける。やがて、捜査線上に1人の男が容疑者として浮上。その男はリリアナの幼なじみ。古い写真に写った、彼女を見つめる彼の瞳には暗い情熱が宿っていた。ベンハミンは部下で友人のパブロ・サンドバル(ギレルモ・フランチェラ)と共に、その男の居場所を捜索。だが、判事の指示を無視して強引な捜査を行ったことで、事件は未解決のまま葬られることとなってしまう。そして1年後。ベンハミンは駅で偶然、モラレスと再会。彼は毎日、曜日ごとに駅を変えて容疑者が現れるのを待っていた。彼の深い愛情に心を揺さぶられたベンハミンは“彼の瞳を見るべきだ。あれこそ真の愛だ”と、イレーネに捜査の再開を嘆願。ベンハミンとパブロはようやく容疑者逮捕の糸口を掴み、事件の真相に辿り着くが……。25年後、タイプライターを前に自分の人生を振り返るベンハミンに、イレーネの存在が鮮やかに甦る。いまだ過去に生きる自分と決別するために、彼は事件の裏側に潜む謎と、今も変わらぬイレーネへの想いに向き合うことを決意する。果たして、ベンハミンは失った歳月を取り戻すことができるのだろうか……?

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.493 「瞳の奥の秘密」

2010年9月下旬号

評論家発映画批評:「瞳の奥の秘密」

2010年9月上旬号

REVIEW 外国映画:「瞳の奥の秘密」

評論家発映画批評:「瞳の奥の秘密」