男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シルビアのいる街で

  • しるびあのいるまちで
  • En la ciudad de Sylvia
  • In the City of Sylvia
  • 平均評点

    69.4点(114人)

  • 観たひと

    178

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スペイン フランス
製作年 2007
公開年月日 2010/8/7
上映時間 85分
製作会社 Eddie Saeta S.A.=Chateau-Rouge Production
配給 紀伊國屋書店=マーメイドフィルム(配給協力 コミュニティシネマセンター)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ビクトル・エリセが“スペインで最も優れた映画作家”と期待を寄せる俊英ホセ・ルイス・ゲリン監督、初の日本国内劇場公開作品。かつて出会った女性の面影を求めて、街をさまよう青年の姿を追う。ヴェネチア映画祭出品作。出演は「ガブリエル」のグザヴィエ・ラフィット、「女王フアナ」のピラール・ロペス・デ・アジャラ。

あらすじ

朝、ホテルの一室。ベッドの上で考え事をしていた青年(グザヴィエ・ラフィット)は、やがて地図を片手に街へ出てゆく。カフェで女性客に声を掛けるが無視され、不注意から運ばれてきた飲み物をこぼしてしまう。翌日。演劇学校前のカフェの奥に陣取り、客を観察してデッサンをしている。ノートの余白に“シルビアのいる街で”とフランス語で記す。カフェの喧騒、市電の通り過ぎる音、ジプシー音楽風のメロディーを物悲しく奏でるバイオリンの女たち。彼は、ガラス越しに見つけた美しい女性(ピラール・ロペス・デ・アジャラ)に目を止める。彼女がカフェを後にすると、彼も慌てて後を追う。中世風の美しい町並みの下、繰り広げられる追跡劇。彼は“シルビア”と声を掛けるが、反応はなし。市電の中で再び声を掛ける。“バー飛行士で6年前に会ったシルビアだよね。あの時、君がナプキンに書いてくれた地図を、今でも持っているよ”。だが、女の返事は“自分は1年前ににこの街に来たばかり。人違いよ”とそっけないもの。加えて“ずっと尾行されていて気味が悪かった”との非難まで浴びてしまう。1人取り残される青年。夜は孤独に、思い出のバー“飛行士”で過ごす。翌朝。再びカフェに姿を見せた彼は、やがて市電の駅へ。通り過ぎる市電の窓越しに見え隠れするたくさんの人々。ガラスに反射するいくつもの人影。彼のノートが風にめくられてゆく。女の後姿。ブロンドの長い髪が美しく舞っている。駅に佇む彼の前を、何本もの市電が通り過ぎていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年9月下旬号

評論家発映画批評:「シルビアのいる街で」

2010年9月上旬号

評論家発映画批評:「シルビアのいる街で」

評論家発映画批評:「シルビアのいる街で」

2010年8月下旬号

「シルビアのいる街で」:ホセ・ルイス・ゲリン監督インタビュー

「シルビアのいる街で」:作品評

REVIEW 外国映画:「シルビアのいる街で」