男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

華麗なるアリバイ

  • かれいなるありばい
  • Le grand alibi
  • LE GRAND ALIBI

amazon


  • 平均評点

    55.8点(74人)

  • 観たひと

    116

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス
製作年 2008
公開年月日 2010/7/17
上映時間 93分
製作会社 SBS Films=Medusa Film
配給 アルバトロス・フィルム(提供 ニューセレクト)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アガサ・クリスティのミステリー『ホロー荘の殺人』を「美しき諍い女」、「ランジェ公爵夫人」などジャック・リヴェット作品で脚本家として活躍するパスカル・ボニゼールが映画化。フランスの小さな村の大邸宅で殺人が起きるが、集まった8人全員に殺人の動機とアリバイがあった…。出演は「オーケストラ!」のミュウ=ミュウ。

あらすじ

フランスの小さな村、ヴェトゥイユ。上院議員のアンリ・パジェス(ピエール・アルディティ)と妻エリアーヌ(ミュウ=ミュウ)は、週末ごとに友人たちを招き、狩りやパーティでもてなしていた。ある週末、集まったのは精神分析医のピエール(ランベール・ウィルソン)とその妻クレール(アンヌ・コンシニ)を始めとした数人。だが、彼らの間には妙な緊張感が漂っていた。妻への誠実さに欠けるピエールは、結婚以来、何度も浮気を繰り返しており、この日集まった全員がピエールに対して愛情、憎悪、嫉妬など、何らかの感情を抱く関係にあったのだ。そしてクレールは、分別のない夫の行動を知りながら、2人の子供との生活を守るため、見て見ぬ振りをしていた。その日も、ピエールは愛人エステル(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)がいることを知りながら、元恋人であるイタリア人女優のレア(カテリーナ・ムリーノ)の誘いに乗り、一夜を共にする。だが翌朝になると、復縁を迫るレアに対して、ぬけぬけと“妻子がいるから”と拒絶するのだった。その態度に激怒し、罵詈雑言を浴びせるレア。彼女と別れたピエールは、1人黙々とプールで泳ぐ。彼がプールを出ると、そこには午後のけだるい静寂が広がった。その時、突然一発の銃声と女の悲鳴が響き渡る。エリアーヌがプールに駆けつけた時、倒れたピエールの傍らに、彼の手を握るエステルと銃を握っている妻のクレールがいた。殺人の容疑者として警察に拘留されるクレール。だが、解剖の結果、ピエールを撃ったのは彼女が手にしていた銃でないことが判明。捜査は振り出しに戻る。そして当時、パジェス家にいた8人全員に、ピエールを殺害する動機があった。彼らが互いを疑い始めたとき、第2の殺人が起きる。果たして、真犯人は誰なのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2010年8月上旬号

インタビュー:パスカル・ボニゼール「華麗なるアリバイ」監督

REVIEW 外国映画:「華麗なるアリバイ」