男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

東京島

  • とうきょうじま
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    49.3点(225人)

  • 観たひと

    406

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/8/28
上映時間 129分
製作会社 「東京島」フィルムパートナーズ(制作プロダクション ゼネラル・エンタテインメント=ユーズフィルム)
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督篠崎誠 
脚本相沢友子 
原作桐野夏生:(新潮社刊)
企画鈴木律子 
製作宇野康秀 
森恭一 
伊藤嘉明 
喜多埜裕明 
プロデューサー吉村知己 
森恭一 
プロデューサー補新妻貴弘 
撮影芦澤明子 
美術金勝浩一 
装飾吉村昌悟 
音楽大友良英 
録音滝澤修 
音響効果北田雅也 
照明市川徳充 
編集普嶋信一 
コスチュームデザイン勝俣淳子 
ヘアメイク徳田芳昌 
製作担当金子拓也 
プロダクションマネージャー中村哲也 
助監督久保朝洋 
スクリプター杉本友美 
VFXスーパーバイザー浅野秀二 

キャスト

出演木村多江 清子
窪塚洋介 ワタナベ
福士誠治 GM
柄本佑 オラガ
木村了 犬吉
染谷将太 マンタ
山口龍人 カスカベ
南好洋 シンちゃん
結城貴史 ダクタリ
清水優 アタマ
阿部亮平 ジェイソン
テイ龍進 ヤン
趙たみ和 ムン
鶴見辰吾 
塩見大貴 フレディ
中村無何有 ウッス
石田佳央 チェン
張天翔 ウォン
張沫 リー
孫良 シュウ
吉田友一 ミユキ

解説

谷崎潤一郎賞を受賞した桐野夏生の同名小説を原作に、無人島に漂着した23人の男たちとただ一人の女性の姿を描くサバイバルドラマ。監督は「0093女王陛下の草刈正雄」の篠崎誠。出演は「ゼロの焦点」の木村多江、「パンドラの匣」の窪塚洋介、「掌の小説」の福士誠治、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の柄本佑など。

あらすじ

清子(木村多江)と隆(鶴見辰吾)は、結婚20周年を記念して夫婦ふたりきりのクルーザー旅行に出かけるが、途中で嵐に遭い、太平洋に浮かぶ無人島に漂着する。43歳、専業主婦だった清子は、東京では何かと夫を頼っていたが、島で救助を待つ日々を送る中、意外にもサバイバル能力を発揮。一方、隆は島の生活に馴染めず、小屋にこもって食べ物の絵を描き続け、日に日に衰弱していく。そんなある日、16人の若いフリーターの男たちが漂着。彼らは島を“東京島”と呼び、シブヤ、ブクロ、ジュク、コウキョ、トーカイムラと地名を付け、地域ごとに役割分担を決め、それぞれ生活を始める。やがて密航に失敗した6人の中国人も加わり、男23人と、女は清子ただ一人という奇妙な共同生活を送ることになるが、隆が崖から落ちて死亡、清子は島でただひとりの女性として女王のように君臨し始める。しかし、トーカイムラにひとり暮らすワタナベ(窪塚洋介)だけは、清子を敵視するのだった。少しずつ島のバランスが崩れていく中、争いを避け、ルールをつくって島に安住しようとする日本の男たち。脱出計画を立てながらも生存能力を発揮する中国人。相容れない2つのグループの間を渡り歩き、何があろうと脱出しようと決意する清子。果たして、この“東京島”から脱出できるのは誰なのか……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年9月下旬号

評論家発映画批評:「東京島」

2010年9月上旬号

SPECIAL INTERVIEW:篠崎誠監督「東京島」

REVIEW 日本映画:「東京島」