男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ルー=ガルー

  • るーがるー
  • Loups=Garous
  • Loups=Garous

amazon


  • 平均評点

    65.0点(10人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/8/28
上映時間 99分
製作会社 ルー=ガルー製作委員会(アニメーション制作 プロダクションI.G=トランス・アーツ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督藤咲淳一 
脚本後藤みどり 
ハラダサヤカ 
原作京極夏彦 
企画多賀英典 
遠谷信幸 
製作多賀徹 
川城和実 
木下直哉 
一志順夫 
千野毅彦 
笠原健治 
プロデューサー向井地基起 
谷澤伸幸 
キャラクター原案箸井地図 
キャラクターデザイン石井明治 
総作画監督石井明治 
撮影監督志村豪 
美術監督衛藤功二 
主題歌SCANDAL:(「KOSHI-TANTAN」)
音響監督小泉紀介 
編集植松淳一 
3Dディレクター磯部兼士 

キャスト

出演(声)沖佳苗 牧野葉月
五十嵐裕美 神埜歩未
井上麻里奈 都築美緒
沢城みゆき 麗猫
植竹香菜 矢部祐子
青山穣 石田理一郎
河本邦弘 橡兜次
平田絵里子 不破静枝
西村知道 事務局長
佐藤晴男 養父
坂巻学 川端
勝沼紀義 中村

解説

情報端末を介してのみ人々の交流を行う管理社会となった近未来の日本で、管理から抜け出そうとする少女たちと彼女らを襲う連続殺人鬼との攻防を描いたアニメーション映画。京極夏彦の近未来少女武侠小説『ルー=ガルー 忌避すべき狼』をTVアニメ『BLOOD+』の藤咲淳一が監督。脚本は『図書館戦争』のハラダサヤカと『獣の奏者エリン』の後藤みどり。ガールズバンド「SCANDAL」が主人公たちのあこがれのバンドとしてモーションキャプチャーとアフレコで参加している。

あらすじ

今から数十年後の日本。人々は管理社会に統制された都市に住み、お互いに物理接触する機会は希薄となっていた。子供たちはそんなモニター越しの世界の方に現実を感じるのだった。そんな時安全であるはずの社会で連続少女殺人事件が発生。14歳の牧野葉月たち4人の少女はこの事件に巻き込まれ、やがてモニター越しではない現実の世界に立ち向かっていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事