男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガールフレンド・エクスペリエンス

  • がーるふれんどえくすぺりえんす
  • The Girlfriend Experience
  • THE GIRLFRIEND EXPERIENCE
  • 平均評点

    58.2点(49人)

  • 観たひと

    79

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2010/7/3
上映時間 77分
製作会社 2929 Productions=Extension 765=HDNet Films
配給 東北新社
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ニューヨークを舞台に、仕事とプライベートの間で揺れ動く高級エスコートの日常を描くラブ・ストーリー。監督は、「セックスと嘘とビデオテープ」のスティーヴン・ソダーバーグ。広告モデルやスマッシング・パンプキンズのPV出演など、活動の場を広げる現役ポルノ女優サーシャ・グレイが、一般映画初出演で主演を務めた。

あらすじ

アメリカ大統領選を控えた2008年秋、ニューヨーク。街の人々は9月から始まった経済破綻の話題で持ち切りだった。高級エスコートのチェルシー(サーシャ・グレイ)はセックスだけでなく、本物の恋人と過ごすような経験を提供することで、1時間2000ドルを稼いでいる。彼女は中締めを通さず、自分でビジネスをコントロールする経営者でもあるという、新しい売春ビジネスの世界で揺るぎない地位を築いていた。チェルシーは顧客たちの理想のガールフレンドを演じるために、最先端のファッションに身を包み、日々自分を磨くための自己投資を怠らない。経済恐慌の予感が迫るなか、彼女のビジネスは順調だった。チェルシーは、彼女の仕事を理解する恋人のクリス(クリス・サントス)と、高級アパートで同棲している。チェルシーはさらにビジネスを発展させるためにウェブサイトを立ち上げ、エロチック鑑定家として影響力のある評論家の推薦文を貰い、検索サイトで名前がトップに出るよう、方法を考える。クリスはエリート相手のスポーツジムでパーソナル・トレーナーをしているが、時給125ドルのこの仕事に行き詰まりを感じ始めていた。クリスは顧客から、男性だけで行くラスヴェガス旅行に誘われる。クリスがそこのことをチェルシーに打ち明けると、2人の関係はぎくしゃくし始める。そんなある日、チェルシーがバイブルと仰ぐ人間学の本で、相性がぴったりだと書かれている男性客から電話がある。

関連するキネマ旬報の記事

2010年8月上旬号

評論家発映画批評:「ガールフレンド・エクスペリエンス」

2010年7月上旬号

「ガールフレンド・エクスペリエンス」「Bubble/バブル」もうひとりのスティーヴン・ソダーバーグ:ソダーバーグが語る自身の映画作り

「ガールフレンド・エクスペリエンス」「Bubble/バブル」もうひとりのスティーヴン・ソダーバーグ:ソダーバーグ論