男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あの夏の子供たち

  • あのあなつのこどもたち
  • Le pere de mes enfants
  • LE PERE DE MES ENFANTS

amazon


  • 平均評点

    65.7点(64人)

  • 観たひと

    113

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2009
公開年月日 2010/5/29
上映時間 110分
製作会社 Les Films Pelleas
配給 クレストインターナショナル
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

尊敬する映画プロデューサーの自殺という実体験を基に、本作が長編2作目となるミア・ハンセン=ラヴ監督が綴る家族の悲劇と再出発の物語。出演は「スリープレス」のキアラ・カゼッリ、「不完全なふたり」のルイ=ドー・ド・ランクザン、「夏時間の庭」のアリス・ド・ランクザン、エリック・エルモスニーノなど。

あらすじ

携帯電話を片手にパリの街を足早に歩くグレゴワール・カンヴェル(ルイ=ドー・ド・ランクザン)は、映画製作会社ムーン・フィルムを経営する、映画愛とユーモアに満ちた魅力ある映画プロデューサーだ。家に帰れば家族を愛する良き父親である彼は、週末は妻シルヴィア(キアラ・カゼッリ)と3人の娘たちと共にパリ近郊の別荘で過ごしていた。思春期の長女クレマンス(アリス・ド・ランクザン)、父親譲りのユーモアを持つ次女ヴァランティーヌ(アリス・ゴーリエ)、末娘ビリー(マネル・ドリス)。今週末も一家は幸福な時間を満喫していた。週明け。グレゴワールは現像所への負債が100万ユーロに上ったことを弁護士から聞かされる。さらに彼がプロデュースを務める新作映画“サトゥルヌス”の撮影現場から、スタッフが賃金未払いでストを起こすという電話が入る。実はムーン・フィルムの経営は、手がけた映画の興行不振で悪化の一途をたどっており、方々に負債や未払いが蓄積していたのだ。結局、“サトゥルヌス”のスタッフには小切手を2枚出し、1枚はすぐに現金化しないように忠告、賃金を分割払いにするという苦肉の策であった。そんな中でも、グレゴワールはアルチュール(イゴール・ハンセン=ラヴ)という新人監督が持ち込んだ“偶然の家族”の脚本に魅せられ、映画化の検討を進めていた……。だが、グレゴワールは多額の借金と未完成の映画を残し、突然自ら命を絶ってしまう。幸せな日々が一転、絶望の中で葛藤する母娘たち。シルヴィアは、夫の会社の立て直しを決意するが、クレマンスは父の死を受け止める手段を探していた。そして、ヴァランティーヌは父の残した温もりを求め、ビリーはまだ父の死を理解できないでいた……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年6月下旬号

REVIEW 外国映画:「あの夏の子供たち」

評論家発映画批評:「あの夏の子供たち」

2010年6月上旬号

「あの夏の子供たち」:ミア・ハンセン=ラブが語る「映画」

「あの夏の子供たち」:エッセイ「この映画を成立させたプロデューサーに敬意を表し」