男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

質屋

  • しちや
  • The Pawnbroker
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.2点(73人)

  • 観たひと

    108

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1968/8/17
上映時間 0分
製作会社 エリー・ランドー・プロ
配給 MGM
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

若くして死んだアメリカの小説家エドワード・ルイス・ウォーラントの、2作目の小説を、デイヴィッド・フリードキンとモートン・ファインが脚色、「グループ」のシドニー・ルメットが監督にあたった。撮影は「グループ」のボリス・コーフマン、音楽は「冷血」のクインシー・ジョーンズが担当した。出演は「夜の大捜査線」のロッド・スタイガー、「ラインの監視」のジェラルディン・フィッツジェラルド、「野良犬の罠」のブロック・ピータース、プエルトルコ生まれの舞台俳優ハイメイ・サンチェスほかニューヨークの舞台人たち。製作はロジャー・ルイスとフィリップ・レインジャー。

あらすじ

ソル・ナザーマン(ロッド・スタイガー)はニューヨークの貧民街で質屋を営んでいる。かつてポーランドで大学教授だったが一家は大戦中ナチの強制収容所に入れられ、言語に絶する苦しみの中で妻子は殺された。今は、妻の妹や、その家族と一緒に何不自由なく暮らしていたが、心はいつも孤独だった。死んだような彼の店に毎朝、生気を吹きこむのは助手のジーザス(ハイメイ・サンチェス)だ。プエルト・リコ生まれの元気な若者で、ゆくゆくは質屋経営をしたいと考えている。ところでソルのスポンサーは自称紳士のロドリゲス。実は彼はスラム街のボスで質屋の店は彼の隠れみのだった。ある日ソルの店に毛色の変わった訪問者があった。マリリンという女性の社会福祉事業家だ。ソルにも仕事に一役買ってもらおうと説得に来たのだが彼は拒絶した。だが彼女には心ひかれた。しかし彼女とかかわり合いになることは世の煩わしさに巻き込まれることだ。彼は恐れた。一方助手のジーザスは街で知り合った3人のチンピラにそそのかされ、自分の勤める店に強盗に入るはめになった。というのは彼自身も金が欲しかったし、尊敬するソルの「世の中、金がすべてだ」という言葉に深い驚きと絶望を感じたからだ。その日は、ロドリゲスから金の届く日だ。一方ジーザスの恋人メイベルは、この計画を知り、ジーザスの身を救うため1人でソルを訪れた。愛する男のために体で金を作ろうとしたのだ。だが目の前に投げ出された彼女の体から、ソルが感じとったのは、かつて妻が、彼の目の前でナチの犯されたいまわしい記憶だった。そして、その夜強盗が行われた。だが、その夜に限ってソルは金庫を開けなかった。しびれをきらした3人組はジーザスの合図を待たずに店に押し入り、ソルを脅迫。彼が拒むと、3人組はピストルを発射した。とっさにジーザスはソルをかばい、彼の身代わりになって死んだ。この事件は、ソルのかたくなな心を溶かした。彼は収容所以来、初めて人間を信頼する気持ちになった。

関連するキネマ旬報の記事

2011年6月上旬号

第2特集 追悼 社会派映画の巨匠 シドニー・ルメット:ルメットが社会に問いかけた11本「十二人の怒れる男」「質屋」「未知への飛行」「丘」「セルピコ」「狼たちの午後」「ネットワーク」「プリンス・オブ・シティ」「評決」「Q&A」「NY検事局」