男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴィクトリア女王 世紀の愛

  • びくとりあじょうおうせいきのあい
  • THE YOUNG VICTORIA
  • THE YOUNG VICTORIA

amazon


  • 平均評点

    68.5点(130人)

  • 観たひと

    235

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル 伝記
製作国 イギリス アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2009/12/26
上映時間 102分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演エミリー・ブラント ヴィクトリア女王
ルパート・フレンド アルバート公
ポール・ベタニー メルバーン卿
ミランダ・リチャードソン ケント公爵夫人
ジム・ブロードベント ウィリアム王
トーマス・クレッチマン ベルギー国王レオポルド
マーク・ストロング ジョン・コンロイ
イェスパー・クリステンセン シュトックマル男爵
ハリエット・ウォルター アデレード女王
ジャネット・ハイン レーツェン男爵夫人
ジュリアン・グローヴァー ウェリントン公
マイケル・マロニー ロバー・ピール卿
ミヒル・ハウスマン アーネスト
ジェネヴィーヴ・オーライリー フローラ・ヘイスティングス夫人
レイチェル・スターリング サザーランド公爵夫人
モーヴェン・クリスティ ワトソン
ジョセフ・アルティン エドワード・オックスフォード
デヴィッド・ホロヴィッチ ジェームズ・クラーク卿

解説

19世紀を舞台に、イギリスを最強の国家に押し上げた若き女王・ヴィクトリアの純愛を描く伝記映画。製作は、「ディパーテッド」監督のマーティン・スコセッシ。監督は、「C.R.A.Z.Y.」のジャン=マルク・ヴァレ。出演は、「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント、「プライドと偏見」のルパート・フレンド。

あらすじ

19世紀のイギリス。ウィリアム国王(ジム・ブロードベント)は、いつ倒れてもおかしくない状態だった。多くの者が、国王の姪で王位継承者のヴィクトリア(エミリー・ブラント)を操り、権力を手に入れようと画策していた。夫の死後、個人秘書ジョン・コンロイと深い仲にあったヴィクトリアの母親ケント公爵夫人(ミランダ・リチャードソン)は、彼の言うままに、娘に摂政政治を認めさせようとする。しかし、母から自由になりたいヴィクトリアは拒否する。ヴィクトリアの叔父でベルギー国王のレオポルドは、甥アルバート(ルパート・フレンド)をドイツから呼び寄せると、次期女王の夫の座を狙ってヴィクトリアの元に送り込む。2人は一目で惹かれ合い、ヴィクトリアは彼が手紙を書くことを許す。国王の誕生パーティで、現首相メルバーン卿(ポール・ベタニー)はヴィクトリアの亡父を褒め、彼女に取り入る。国王は宴のスピーチで、ケント公爵夫人を罵倒する。そして彼女たちからヴィクトリアを引き離し、王位を渡そうとする。メルバーンはヴィクトリアの個人秘書になることを申し出て、自分の地位を固めていく。アルバートはドイツに帰国し、ヴィクトリアからの手紙の返事を待っていた。1837年6月20日、国王が逝去し、ヴィクトリアは女王となる。しかし知識のないヴィクトリアは、メルバーンの言いなりだった。アルバートは戴冠式に出席するためイギリスを訪れ、ヴィクトリアと再会する。女王への求婚は禁止されているため、彼女からの言葉を待つが、ヴィクトリアはアルバートを友人として必要としていた。政権が交代し、メルバーンが失脚する。ピール新首相はメルバーンの息のかかった女官の交代を注進するが、ヴィクトリアは感情的に拒否する。首相を無視したと世論に叩かれたヴィクトリアは、自分を利用しないアルバートの存在に気づき、彼にプロポーズする。2人は結婚し、3日間の幸せな結婚休暇を過ごす。しかし2人の前に、最大の危機が立ちはだかる。

関連するキネマ旬報の記事

2010年2月上旬号

評論家発映画批評:「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

2010年1月下旬号

REVIEW 外国映画:「ヴィクトリア女王 世紀の愛」