男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カティンの森

  • かてぃんのもり
  • KATYN
  • KATYN

amazon


  • 平均評点

    75.4点(203人)

  • 観たひと

    316

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル ドラマ / 社会派
製作国 ポーランド
製作年 2007
公開年月日 2009/12/5
上映時間 122分
製作会社
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ソ連軍により1万5000人ものポーランド人将校が虐殺されながら、冷戦下では語ることのできなかった“カティンの森”事件を映画化。監督は「灰とダイヤモンド」のアンジェイ・ワイダ。出演は「さらば学園」のアルトゥル・ジミイェフスキ。2008年アカデミー賞外国語映画部門ノミネート、ベルリン国際映画祭正式出品。

あらすじ

1939年9月、クラクフのアンナ(マヤ・オスタシェフスカ)は娘を連れ、夫のアンジェイ大尉(アルトゥル・ジミイェフスキ)を探しに行く。一方、東から来た大将夫人(ダヌタ・ステンカ)はクラクフに向かう。アンジェイや仲間のイェジ(アンジェイ・ヒラ)たちは、ソ連軍の捕虜となっていた。アンジェイは、見たことすべてを手帳に書き留める決意をする。アンナはクラクフに戻ろうとするが、国境を越えられない。11月、アンジェイの父はドイツ軍の収容所に送られる。翌年初め、アンナと娘、アンナの義姉と娘は、ロシア人少佐の家に匿われていた。義姉親子は強制移住のため連れ去られるが、アンナたちは逃げ延びる。春、アンナと娘は義母のいるクラクフへ戻り、義父の死を知る。アンジェイはイェジから借りたセーターを着て、大将、ピョトル中尉らと別の収容所に移送される。1943年4月、ドイツは一時的に占領したソ連領カティンで、多数のポーランド人将校の遺体を発見したと発表する。犠牲者リストには大将、イェジの名前が記され、アンジェイの名前はなかった。大将夫人はドイツ総督府で夫の遺品を受け取り、ドイツによるカティンの記録映画を見る。1945年1月、クラクフはドイツから解放される。イェジはソ連が編成したポーランド軍の将校となり、アンナにリストの間違いを伝える。イェジは法医学研究所に行き、アンジェイの遺品をアンナに届けるよう頼む。イェジは大将夫人から“カティンの嘘”を聞き、自殺する。国内軍のパルチザンだったアンナの義姉の息子タデウシュは、父親がカティンで死んだことを隠すよう校長から説得されるが、拒否する。その帰り道、国内軍を侮辱するポスターを剥がした彼は警察に追われ、大将の娘エヴァと出会う。校長の妹はカティンで遺体の葬式を司った司祭を訪ね、兄ピョトルの遺品を受け取る。そして兄の墓碑にソ連の犯罪を示す言葉を刻み、秘密警察に狙われる。法医学研究所の助手グレタはアンナに、アンジェイの手帳を届ける。

関連するキネマ旬報の記事

2010年1月上旬号

評論家発映画批評:「カティンの森」

2009年12月下旬号

「カティンの森」:「灰とダイヤモンド」から「カティンの森」へ

「カティンの森」:ワイダ監督の美学

「カティンの森」:永久抵抗者ワイダへ