男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イングロリアス・バスターズ

  • いんぐろりあすばすたーず
  • INGLOURIOUS BASTERDS
  • INGLOURIOUS BASTERDS

amazon


  • 平均評点

    76.3点(860人)

  • 観たひと

    1564

  • 観たいひと

    116

  • レビューの数

    95

基本情報

ジャンル 戦争 / 社会派
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2009/11/20
上映時間 152分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ブラッド・ピット Lt. Aldo Raine
メラニー・ロラン Shosanna Dreyfus
クリストフ・ヴァルツ Col. Hans Landa
イーライ・ロス Sgt. Donny Donowitz
ミヒャエル・ファスベンダー Lt. Archie Hicox
ダイアン・クルーガー Bridget von Hammersmark
ダニエル・ブリュール Fredrick Zoller
ティル・シュヴァイガー Sgt. Hugo Stiglitz
ギデオン・ブルクハルト Cpl. Wilhelm Wicki
ジャッキー・イド Marcel
B・J・ノヴァック Pfc. Smithson Utivich
オマー・ドゥーム Pfc. Omar Ulmer
アウグスト・ディール Major Hellstrom
デニス・メノシェ Perrier LaPadite
シルヴェスター・グロート Joseph Goebbels
マルティン・ヴトケ Adolf Hitler
マイク・マイヤーズ General Ed Fenech
ジュリー・ドレフュス Francesca Mondino
ロッド・テイラー Winston Churchill

解説

ナチス一掃を企む連合軍の特殊部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”の姿を描く「デス・プルーフ in グラインドハウス」のクエンティン・タランティーノ監督作。出演は「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のブラッド・ピット、「PARIS(パリ)(2008)」のメラニー・ロラン、「私が愛したギャングスター」のクリストフ・ヴァルツ、「ホステル2」のイーライ・ロス、「マンデラの名もなき看守」のダイアン・クルーガーなど。

あらすじ

1941年、フランスの田舎町ナンシー。ナチスのハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)が、ある農場主の家を訪れる。“ユダヤ・ハンター”の異名を持つ冷血漢ランダは、巧妙な話術で農場主を追い込み、床下にユダヤ人一家を匿っていることを白状させる。ランダの部下たちは床下に向けて一斉に射撃を開始。だが、一家の少女・ショシャナ(メラニー・ロラン)だけは銃弾を逃れ、逃げ去った……。ナチス総統ヒトラー(マルティン・ヴトケ)は“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれる連合軍極秘部隊の存在に苛立っていた。ユダヤ系アメリカ人を中心にしたこの組織を率いるのはアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)。カリスマ的な指導力を持つ彼はナチスの皆殺しを指示、ドニー(イーライ・ロス)やヒューゴ(ティル・シュヴァイガー)といった血気さかんな部下たちと共にドイツ軍に恐れられていた。1944年、パリ。ショシャナは映画館主として身分を隠しながら暮らしている。そこへ、250人もの連合軍兵士を殺したドイツ軍の若い兵士フレデリック(ダニエル・ブリュール)が現れ、その武勇伝を本人主演で映画化した映画『国民の誇り』のプレミア上映を彼女の映画館で実施したいと申し出る。ヒトラーやナチス高官が集うその夜、劇場もろとも敵を燃やし尽くそうと決意を固めるショシャナ。一方、プレミア上映の報を受けたイギリス軍は、極秘作戦を実行すべくヒコックス中尉(ミヒャエル・ファスベンダー)を現地に派遣。この作戦には“イングロリアス・バスターズ”も動員され、現地近くの村でアルドらに合流、英国の二重スパイでドイツの人気女優ブリジット(ダイアン・クルーガー)にバーで接触する。だが、そこはその日に限ってドイツ兵たちで賑わっており、ふとしたきっかけから銃撃戦に発展する……。プレミア上映の夜、続々とナチス高官が映画館にやってくる。そこにはイタリア人を装い、ブリジットを連れたアルドの姿もあった。ショシャナは恋人の映写技師マルセル(ジャッキー・イド)に最後の仕事を頼み、自らは復讐心を胸に秘めてこの夜の映写係を務める。様々な思惑が交錯する中、運命のプレミアが幕を開けた……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年1月上旬号

評論家発映画批評:「イングロリアス・バスターズ」

2009年12月上旬号

巻頭特集 アメリカ映画を見なくなったすべての映画ファンへ。 いま、あえて作家主義宣言!:作品紹介「パブリック・エネミーズ」「イングロリアス・バスターズ」「インフォーマント!」

巻頭特集 アメリカ映画を見なくなったすべての映画ファンへ。 いま、あえて作家主義宣言!:作品評「パブリック・エネミーズ」「イングロリアス・バスターズ」「インフォーマント!」

HOT SHOTS:来日会見 ブラッド・ピット&クエンティン・タランティーノ「イングロリアス・バスターズ」

REVIEW 外国映画:「イングロリアス・バスターズ」