男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

母なる証明

  • ははなるしょうめい
  • 마더
  • MOTHER

amazon


  • 平均評点

    78.4点(399人)

  • 観たひと

    638

  • 観たいひと

    55

  • レビューの数

    48

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2009
公開年月日 2009/10/31
上映時間 129分
製作会社 CJエンタテインメント=バルンソン
配給 ビターズ・エンド
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督ポン・ジュノ 
脚本パク・ウンギョ 
ポン・ジュノ 
原案ポン・ジュノ 
エグゼクティブプロデューサーミッキー・リー 
プロデューサーソウ・ウォシク 
パク・テジョン 
共同プロデューサーカテリーヌ・キム 
ムン・ヤンクオン 
撮影ホン・クンピョ 
美術リュ・ソンヒ 
音楽イ・ビョンウ 
編集ムン・セギョン 
衣装デザインチェ・ソヨン 
字幕根本理恵 

キャスト

出演キム・ヘジャ 母親
ウォンビン 息子・トジュン
チン・グ ジンテ
ユン・ジェムン ジェムン刑事(警部補)
チョン・ミソン ミソン
チョン・ウヒ ミナ
ソン・セビョク セパタクロー刑事
パク・ミョンシン 女社長
ミン・ギョンジン 事務長

解説

「殺人の追憶」、「グエムル-漢江の怪物-」で知られる韓国の巨匠ポン・ジュノが手掛けたミステリー。無実の罪で殺人犯にされた息子を救うために真相を探る母親の姿を通じて、親子の愛情を描き出す。主演は「純情漫画」などで活躍する韓国の国民的女優キム・ヘジャ。「ブラザーフッド」のウォンビンが5年ぶりにスクリーン復帰。

あらすじ

とある静かな町。漢方薬店で働く母(キム・ヘジャ)は、一人息子のトジュン(ウォンビン)と2人暮らし。純粋無垢なトジュンの存在は、この上ない彼女の幸せだった。ある日、トジュンが猛スピードの車にはねられる。幸い軽傷で済んだトジュンは、友人のジンテとともに逃げた車を追いかけ、乗っていた男たちを襲う。警察署。トジュン、ジンテ、車の男たちが捕まり、絞られていた。迎えに来た母は、息子を心配し、ジンテとは付き合わないように忠告する。ある日、ジンテに待ち合わせをすっぽかされたトジュンが酔って歩いていると、1人の女子高生に出会う。声を掛けるトジュンだったが、返事の代わりに石が飛んでくるのだった。翌朝。ビルの屋上でその女子高生の無残な遺体が発見される。数年ぶりの殺人事件にいきり立つ警察は、大規模な捜査を展開。数日後、トジュンが名前を書いたゴルフボールが現場に落ちていたことから、容疑者として逮捕されてしまう。必死に弁明するトジュンだったが、早期解決を狙う警察によって、犯人にされてしまう。母も息子の無実を警察に訴えるが、全く相手にされない。やむなく母は、自分で真相を突き止めることを決意。まず疑ったのは、事件当夜トジュンが会い損ねたジンテ。トジュンのゴルフボールの件は彼も知っていたからだ。ジンテの留守宅に忍び込み、怪しいゴルフクラブを警察に届ける。だが、それは凶器ではなく、却ってジンテとの関係を悪化させてしまう。だが、ジンテとの会話で事件についての疑問が生じる。死体を隠すなら埋めるのが普通だが、女子高生の遺体は、これ見よがしに屋上に置かれていた。しかも、彼女には以前から色々な噂があった。彼女を調べる必要があるのではないか?土砂降りの雨の中、遺体発見現場へ走り出す母。そこは町中が一望でき、遺体を隠すには目立ちすぎる場所だった。息子を救うべく、母は1人で走り出す……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年5月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.459 「母なる証明」

2009年12月上旬号

評論家発映画批評:「母なる証明」

2009年11月下旬号

REVIEW 外国映画:「母なる証明」

2009年11月上旬号

巻頭特集「母なる証明」:ウォンビン インタビュー

巻頭特集「母なる証明」:特別対談 ポン・ジュノ×黒沢清:怪作「母なる証明」のこと、我々の目指す映画のこと

巻頭特集「母なる証明」:作品評