男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アニエスの浜辺

  • あにえすのはまべ
  • LES PLAGES D'AGNES
  • LES PLAGES D'AGNES

amazon


  • 平均評点

    63.5点(28人)

  • 観たひと

    55

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記 / アート
製作国 フランス
製作年 2008
公開年月日 2009/10/10
上映時間 113分
製作会社
配給 ザジフィルムズ
レイティング 不明
アスペクト比 1:1.78
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演アニエス・ヴァルダ 
ロザリー・ヴァルタ 
マチュー・ドゥミ 
ポール・ヴァレリー 
ステファヌ・マラルメ 
フィリップ・ド・シャンペーニュ 
ポール・セザンヌ 
シャルル・ボードレール 
ライナー・マリア・リルケ 
ジャック・プレヴェール 
ジョルジュ・ブラッサンス 
ガストン・バシュラール 
ハンス・バルドゥング・グリーン 
ジャン・ヴィラール 
ザルマン・キング 
パトリシア・クノップ 
ジェリー・エアーズ 
アレクサンダー・カルダー 
ハンス・アルトゥング 
マリオ・プラシノス 
ブラッサイ 
ナタリー・サロート 
ジャン・コクトー 
ジム・モリソン 
ビル・ヴィオラ 
ロバート・ラウシェンバーグ 
ジャック・モノリ 
エルヴェ・シャンデス 
ジャック・ルドゥー 
フランソワ・トリュフォー 
ジャン=リュック・ゴダール 
ジガ・ヴェルトフ 
クロード・シャブロル 
ジャック・リヴェット 
アラン・レネ 
クリス・マルケル 
ジョルジュ・ド・ボールガール 
ミシェル・コロンビエ 
ジョアンナ・ブルゾゾヴィチ 
クリストフ・ヴァロー 
フィリップ・ノワレ 
ジェーン・バーキン 
セルジュ・ゲンスブール 
シャルロット・ゲンスブール 
ヨランド・モロー 
フランス・ドゥニャック 
ジェラール・ドパルデュー 
ジェラール・フィリップ 
ラウラ・ベッティ 
アヌーク・エメ 
アントワーヌ・ブルセイエ 
コリンヌ・マルシャン 
ジャン=クロード・ドルオー 
ミシェル・ピコリ 
カトリーヌ・ドヌーヴ 
ハリソン・フォード 
ジェームズ・ラドー 
ジェローム・ラグニー 
ヴィヴァ 
サビーヌ・マモー 
サンドリーヌ・ボネール 
デルフィーヌ・セイリグ 
ニーノ・カステルヌォーヴォ 
ロバート・デ・ニーロ 
ジュリー・ガイエ 
ヴァレリー・メレス 

解説

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事

2009年11月上旬号

REVIEW 外国映画:「アニエスの浜辺」

2009年10月下旬号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の2本:「アニエスの浜辺」