男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

縞模様のパジャマの少年

  • しまもようのぱじゃまのしょうねん
  • THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS
  • THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS

amazon


  • 平均評点

    78.5点(268人)

  • 観たひと

    450

  • 観たいひと

    80

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル 戦争 / 社会派
製作国 イギリス アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2009/8/8
上映時間 95分
製作会社
配給 ディズニー
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督マーク・ハーマン 
脚本マーク・ハーマン 
原作ジョン・ボイン:(「縞模様のパジャマの少年」(岩波書店刊))
エグゼクティブプロデューサーマーク・ハーマン 
プロデューサーデイヴィド・ヘイマン 
撮影ブノワ・ドゥローム 
音楽ジェームズ・ホーナー 
編集マイケル・エリス 
衣装デザインナタリー・ワード 
キャスティングレオ・デイヴィス 
ピッパ・ホール 
ライン・プロデューサーメアリー・リチャーズ 

キャスト

解説

ナチス将校を父に持つドイツ人少年と、強制収容所内のユダヤ人少年の友情を描いた人間ドラマ。監督は「ブラス!」「リトル・ヴォイス」のマーク・ハーマン。主役二人の少年をオーディションで抜擢されたエイサ・バターフィールドとジャック・スキャンロンが演じ、「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・シューリス、「ディパーテッド」のヴェラ・ファーミガらが脇を固める。

あらすじ

第二次大戦下のドイツ・ベルリン。8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校である父親(デヴィッド・シューリス)の昇進により、住み慣れた我が家を離れ、殺風景な土地に越してくる。遊び相手もなく退屈していたブルーノは、ある日、有刺鉄線のフェンスで囲まれた奇妙な“農場”を発見する。そのフェンスの向こう側には、ブルーノと同じ年のシュムエル(ジャック・スキャンロン)がいた。日中でもなぜか縞模様のパジャマを着て、いつも腹を空かせているシュムエルのために、ブルーノは母親(ヴェラ・ファーミガ)の目を盗んで食べ物を運び、フェンスを挟んで言葉を交わしながら、二人はささやかな友情を築いていった。しかし、母親からはその“農場”に近づくことは禁じられており、シュムエルの存在は誰にも言えない秘密だった。そんなある日、シュムエルは自分がユダヤ人であるとブルーノに告げる。それが何を意味するのか、自分と何が違うのか疑問に思ったブルーノは、ユダヤ人について家庭教師に尋ねてみる。すると彼は「ユダヤ人は有害な存在」と諭し、ブルーノの姉は「彼らは敵」と断言するのだった。それらの言葉が、大切なシュムエルとあまりにもかけ離れていることに戸惑いを隠せないブルーノ。だが、それ以上真実を追究するには彼は幼すぎ、もやもやした疑問を抱えたまま、ブルーノはシュムエルとの友情を深めていく。その友情がやがて自分の運命を大きく変えてしまうとは知らずに……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年10月上旬号

評論家発映画批評:「縞模様のパジャマの少年」

2009年8月下旬号

映画が語るナチス、映画を創ったナチス:「縞模様のパジャマの少年」評論

映画が語るナチス、映画を創ったナチス:マーク・ハーマン監督、デイヴィッド・ヘイマン(プロデューサー)&ジョン・ボイン(原作)インタビュー