男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式

  • はうえるずけのちょっとおかしなおそうしき
  • DEATH AT A FUNERAL
  • DEATH AT A FUNERAL

amazon


  • 平均評点

    74.0点(55人)

  • 観たひと

    102

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2009/8/1
上映時間 90分
製作会社
配給 プレシディオ
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

監督作「ステップフォード・ワイフ」のほか、「スターウォーズ」シリーズのヨーダの声でも知られるフランク・オズが手掛けた、お葬式を舞台にしたコメディ。悩み事を抱えた人々が集まってきたお葬式に、別人の遺体が納められた棺が届けられたことから大騒動となる。主演は「フロスト×ニクソン」のマシュー・マクファディン。

あらすじ

父を亡くした作家志望のダニエル(マシュー・マクファディン)。その葬式の朝、父の死を悲しむ一方で、小説家として成功した兄ロバート(ルパート・グレイヴス)が、ニューヨークから久しぶりに帰ってくることにうんざりしていた。その理由は、全く成功していない自分が親戚中から兄と比較されてしまうためだった。そして、心配事を抱えている人間は他にもいた。それは、婚約者サイモン(アラン・デュディック)を認めてもらいたい、従姉妹のマーサ(デイジー・ドノヴァン)。そして他にも、家族や親戚のそれぞれが葬式に参加することに何らかの不安を抱えていた。親戚たちが続々と集まる中、父親の亡骸の納められた棺が業者によってダニエルの家に届けられる。それを受け取り、中を確認したところ、そこに横たわっていたのは全くの別人。業者のこのとんでもないミスをきっかけに、厳粛に行われるはずの葬儀は大騒動に発展していく。サイモンは誤ってドラッグを飲んで大暴れ。そして、突然現れた謎の男(ピーター・ディンクレイジー)が、父のある秘密を暴露する…。果たして、葬儀は無事に執り行われるのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年9月上旬号

評論家発映画批評:「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」