男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

そんな彼なら捨てちゃえば?

  • そんなかれならすてちゃえば
  • HE'S JUST NOT THAT INTO YOU
  • HE'S JUST NOT THAT INTO YOU

amazon


  • 平均評点

    67.3点(475人)

  • 観たひと

    884

  • 観たいひと

    48

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2009/8/1
上映時間 129分
製作会社
配給 ワーナー
レイティング 不明
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

全米ベストセラーとなった恋愛ハウツー本を映画化。幸せを模索する女性たちによる恋愛模様を描いた群像劇。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」のケン・クワピス。出演は、TV『フレンズ』のジェニファー・アニストン、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「ハリウッドランド」のベン・アフレック。

あらすじ

同じ会社に勤めるジジ(ジニファー・グッドウィン)、ジャニーン(ジェニファー・コネリー)、ベス(ジェニファー・アニストン)の3人は、プライベート・ライフについても相談し合う仲だった。何度失恋を繰り返しても恋に前向きなジジは、ジャニーンに紹介された不動産の仲介業者のコナー(ケビン・コノリー)に一目惚れをする。しかし初デート後、コナーから連絡はない。コナーの友人・アレックス(ジャスティン・ロング)は、男の心理を理解しない女の勘違いが原因だと指摘する。ジジは、これまで男の行動を自分に都合よく解釈していたせいで、失敗を繰り返していたのだと気づく。彼女の変化は周囲にも影響を与える。恋人のニール(ベン・アフレック)と同棲7年目のベスは、いつか結婚できると期待していた。しかし例外は滅多にないというジジの結論に共感し、ニールに別れを告げる。結婚しているジャニーンは新居の完成を間近にひかえ、まったく問題ないように思えていた。しかし夫・ベン(ブラッドリー・クーパー)が、アンナ(スカーレット・ヨハンソン)と浮気していることが発覚する。勇気を出して男の本音に向き合い、最高のパートナーを見つけようと模索する彼女たちは、本当の幸せをつかむために奥の手を使う。

関連するキネマ旬報の記事

2009年8月下旬号

REVIEW 外国映画:「そんな彼なら捨てちゃえば?」