男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミウの歌

  • みうのうた
  • THE LOVE OF SIAM
  • THE LOVE OF SIAM


  • 平均評点

    30.0点(1人)

  • 観たひと

    6

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 タイ
製作年 2007
公開年月日 2009/6/20
上映時間 158分
製作会社
配給 アナコット
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

幼なじみの2人の少年が愛とは何かを問う青春ドラマ。アクションやホラー映画が主流のタイで、異例のヒットとなった感動作。監督は「レベル・サーティーン」のチューキアット・サックウィーラクン。出演は、デビュー作となるウィウィシット・ヒランヤウォンクン、マリオ・マウラー。大阪アジアン映画祭2009観客賞受賞。

あらすじ

2人の少年、ミウ(ウィウィシット・ヒランヤウォンクン)とトン(マリオ・マウラー)は近所に住む幼なじみで、無二の親友だった。ミウは祖母と2人暮らしで、トンは両親と姉の4人家族だった。しかし、トンの姉テン(チャーマーン・ブンヤサック)が失踪し、それをきっかけにトンの家は引っ越していく。2人は高校3年生になったある日、若者の街“サイアム・スクエア”で偶然再会する。トンの家族は、テンの失踪以来ずっとぎくしゃくしていた。トンの父ゴン(ソンシット・ルンノップクンシー)はテンの失踪を自分のせいだと思い、自分を責めてはアルコールで気を紛らわせていた。トンの母スニー(シンジャイ・プレンパーニット)は家族を守ろうとひとりで頑張るが、限界を感じていた。トンには美人の彼女ドーナツ(アティチャー・ポンシンピパット)がいたが、うまくいっていなかった。一方ミウは祖母を亡くして以来、1人で暮らしていた。作曲とボーカルを務めるバンド“August”にメジャーデビューの話が出て、それなりにうまくいっているようだったが、常に孤独を感じていた。同じように悩みを抱えたミウとトンは、お互いを重要な存在だと感じ、次第に友情とも愛情ともつかない感情が芽生え始める。

関連するキネマ旬報の記事