男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

HOME 空から見た地球

  • ほーむそらからみたちきゅう
  • HOME
  • HOME

amazon


  • 平均評点

    73.4点(10人)

  • 観たひと

    25

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー /
製作国 フランス
製作年 2009
公開年月日 2009/6/5
上映時間 120分
製作会社
配給 アスミック・エース エンタテインメント
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット HDCAM

スタッフ

キャスト

解説

24言語に翻訳され、累計300万部以上を売り上げた写真集『空から見た地球』の航空写真家ヤン・アルテュス=ベルトランが自ら監督、大自然とそこで生きる人間の営みを壮大なスケールで描いたドキュメンタリー。「約束の旅路」のドゥニ・カロと「グラン・ブルー」のリュック・ベッソンがプロデューサーとして参加、ナレーションを「いつか眠りにつく前に」のグレン・クロースが担当した。1年9ヶ月をかけて50カ国以上を巡り、全編空からのハイビジョン撮影を敢行。世界一透明な湖の氷上で漁をする人たち(ロシア バイカル湖)、バクテリアによって、緑、黄、赤という幻想的な色合いを見せる泉(アメリカ イエローストーン国立公園グランド・プリズマティック・スプリング)、まるで幾何学模様のように延々と並ぶソーラーパネル(スペイン サンルーカル・ラ・マヨール)……。宇宙の奇跡である生命が誕生してから約40億年。人類が生まれたのはわずか20万年前だが、我々は約40億年の進化によって培われた地球のバランスを壊してしまった。急いでこの流れを逆転させ、地球の豊かさが著しく破壊されていることに気付き、これまでの消費のあり方を変えなければならない。人間に残されたタイムリミットは、あと10年もないのだ。未だかつて誰も見たことのない“本当の地球の姿”。本作の映像は、我々がこれから手を携えて立て直さなければならない地球号の大事な礎となるであろう。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事