男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

それでも恋するバルセロナ

  • それでもこいするばるせろな
  • VICKY CRISTINA BARCELONA
  • VICKY CRISTINA BARCELONA

amazon


  • 平均評点

    68.3点(575人)

  • 観たひと

    1080

  • 観たいひと

    61

  • レビューの数

    70

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ スペイン
製作年 2008
公開年月日 2009/6/27
上映時間 96分
製作会社
配給 アスミック・エース
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「タロットカード殺人事件」のウディ・アレン監督によるラブロマンス。バルセロナを舞台に四角関係の恋愛模様を描く。出演は「ブーリン家の姉妹」のスカーレット・ヨハンソン、「エレジー」のペネロペ・クルス、「ノーカントリー」のハビエル・バルデム、「フロスト×ニクソン」のレベッカ・ホール、「あぁ、結婚生活」のパトリシア・クラークソンなど。

あらすじ

アメリカからバルセロナへバカンスにやって来たヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)は学生時代からの親友同士。だが、恋愛に関しては正反対で、ヴィッキーは男性に誠意と安定を求め、真面目な好青年ダグ(クリス・メッシーナ)と婚約中、一方のクリスティーナは情熱的な恋を求める自由人だ。二人は毎日のように街を観光して過ごしていたが、ある晩、画廊のパーティでフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)という画家と出会う。ドロ沼離婚したばかりという彼の噂にクリスティーナは興味津々。深夜のレストランで偶然、フアン・アントニオと再会した二人は、週末旅行に招待したいと誘われる。ヴィッキーは憤慨するが、クリスティーナは喜んで話に乗り、結局、親友を放っておけないヴィッキーも同行、飛行機でオビエドへと向かった。三人はオビエドの街を観光し、芸術や恋を語りあう。夕食後、酔っ払ったクリスティーナは、一人で彼の部屋を訪れるが、これからという時に気分が悪くなってしまう。翌日、クリスティーナを残して出かけたヴィッキーとフアン・アントニオ。やがてヴィッキーも彼に魅了され、一夜の関係を持ってしまう。その後、クリスティーナはフアン・アントニオの家で同棲を始めるが、ヴィッキーは彼への思いを募らせていた。しかし、フアン・アントニオの気持ちが今はクリスティーナにあると知り、ヴィッキーはダグとの結婚を決意する。そんな中、フアン・アントニオの元妻マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が自殺未遂を起こし、彼を訪ねてくる。そして、三人の不思議な共同生活が始まった。天才的な芸術家のマリア・エレーナは、クリスティーナに写真を教える。最初は距離を置いていたクリスティーナも、彼女の才能と美しさに魅了され、遂には彼女がフアン・アントニオと寝ることも許してしまう。同じ男性を愛してしまった女性たちのひと夏の恋の行方は……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年7月上旬号

「それでも恋するバルセロナ」:ウディ・アレン監督インタビュー

「それでも恋するバルセロナ」:ウディ・アレン論

「それでも恋するバルセロナ」:アメリカでのウディ・アレン評価の変遷

「それでも恋するバルセロナ」:ウディ・アレンは”女”が理解(わか)る!

REVIEW 外国映画:「それでも恋するバルセロナ」

2009年3月下旬号

特別企画 いま、アメリカ映画は本当に面白くないのか?:短評「バーン・アフター・リーディング」「それでも恋するバルセロナ」