男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バッド・バイオロジー 狂った性器ども

  • ばっどばいおろじーくるったせいきども
  • BAD BIOLOGY
  • BAD BIOLOGY

amazon


  • 平均評点

    45.3点(11人)

  • 観たひと

    20

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2009/6/6
上映時間 85分
製作会社
配給 キングレコード=iae
レイティング R-18
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

「バスケット・ケース」、「ブレインダメージ」などで知られる奇才フランク・ヘネンロッター監督作。7つのクリトリスを持つ女と、巨大かつ意志を持つペニスを持つ男が繰り広げるアブノーマル・ラブ・ホラー。出演は歌手、モデルとしても活動するチャーリー・ダニエルソンとミュージシャン兼建築家のアンソニー・スニード。

あらすじ

ジェニファー(チャーリー・ダニエルソン)はニューヨークの女流前衛写真家。7つのクリトリスを持つ彼女は、底なしの性欲を満足させるため、ゆきずりの男を漁る日々を送っていた。激しいエクスタシーに溺れて理性を失い、ベッドの上で相手の男を惨殺してしまうこともしばしば。しかも新陳代謝が活発すぎて、受精後数時間で子供を産み落としてしまう。それも決まって怪物のような奇形の胎児だった……。出産時の事故で傷を負ったペニスにコンプレックスを持つバッツ(アンソニー・スニード)。ステロイドなどの薬品を日常的に大量注入していたせいで、彼のペニスは60センチを超えるモンスターサイズに急成長。常時エレクトしたままのペニスは、やがて自身の意思を持つ生命体へと進化してゆく……。真実の愛を渇望しながら、肉体が命ずるままに暴走するジェニファーと、生殖器が引き起こす問題に苦悶し、特製マスターベーション・マシーンで日々自分を慰めるバッツ。不幸な星の下に生まれついた2人のヒューマンモンスターが運命の出会いを果たしたとき、情欲と鮮血に彩られた恐るべき愛の惨劇が幕を開ける……。

関連するキネマ旬報の記事