男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

お買いもの中毒な私!

  • おかいものちゅうどくなわたし
  • CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC
  • CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.4点(216人)

  • 観たひと

    401

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2009/5/30
上映時間 105分
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ=ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 ウォルト・ディズニースタジオ=モーション・ピクチャーズジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演アイラ・フィッシャー レベッカ・ブルームウッド
クリステン・リッター スーズ・クリース=スチュアート
ヒュー・ダンシー ルーク・ブランドン
ジョーン・キューザック ジェーン・ブルームウッド
クリスティン・スコット・トーマス アレット・ネイラー
ジョン・グッドマン グレアム・ブルームウッド

解説

ストレス解消のために買い物中毒になっている女性が“幸せ”を捜し求めてポジティブな発想で“お買いもの中毒”を武器に人生の一発逆転を狙い奮闘する姿を描くロマンチック・コメディ。TVシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』のスタイリスト、パトリシア・フィールドが衣装デザインを手掛けたことも話題となった。主演は有名プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが抜擢したというアイラ・フィッシャー。監督は「ベスト・フレンズ・ウェディング」のP.J.ホーガン。

あらすじ

レベッカ・ブルームウッド(アイラ・フィッシャー)は、一流ファッション誌の記者を夢見るNY在住の25歳。でも理想と現実はあまりに遠く、彼女が働くのは地味な園芸雑誌の編集部。どんなに期待外れの毎日でも、レベッカには魔法のストレス解消法があった。それは“お買いもの”であった。そもそも女性には買いものをする理由がいくらでもある。「恋をしたから」「ふられたから」「仕事が上手くいったから」「仕事がサイテーだったから」気がついたら、お買いものが止まらない。レベッカはかなり重症な“お買いもの中毒”だったのだ。こんな生活、普通のOLには長く続かない。ついにカードの限度額を超えてしまったレベッカは、生活を立て直すため転職活動を開始。狙いを定めたのは、憧れのファッション誌の編集部……のはずが、なぜか同じ出版社のお堅い経済誌に雇われることに。「お買いもの中毒のあなたが、経済誌の記者なんて、悪い冗談よ」と友人に笑われても、今のレベッカに仕事を選んでいる余裕はない。ところが意外なことに、消費者の気持ちを知りつくしたレベッカの記事は、編集長ルークの高い評価を受ける。仕事を褒められるのって、最高だと感じるレベッカ。しかも編集長ルークはよくよく見るとハンサム。「こんな私でも、絶対に幸せになる!」人生の大逆転をかけて、今レベッカの反撃が始まった!!

関連するキネマ旬報の記事

2009年6月下旬号

評論家発映画批評:「お買いもの中毒な私!」