男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夏時間の庭

  • なつじかんのにわ
  • L'HEURE D'ETE
  • SUMMER HOURS

amazon


  • 平均評点

    72.5点(69人)

  • 観たひと

    138

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2008
公開年月日 2009/5/16
上映時間 102分
製作会社
配給 クレストインターナショナル
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビー
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

フランスのオルセー美術館開館20周年を記念して製作された「イルマ・ヴェップ」のオリヴィエ・アサイヤス監督作。母から遺された美術品を整理する三兄妹とその家族の姿を描く。出演は「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」のジュリエット・ビノシュ、「恋は足手まとい」のシャルル・ベルリング、「ロルナの祈り」のジェレミー・レニエなど。

あらすじ

パリ郊外の小さな町ヴァルモンドワ。名のある画家であった大叔父ポール・ベルティエが生前使っていた邸宅にひとり住む母エレーヌ(エディット・スコブ)の誕生日を祝うため、三人の子供たちとその家族が集まっている。経済学者の長男フレデリック(シャルル・ベルリング)、世界中を飛び回るデザイナーの長女アドリエンヌ(ジュリエット・ビノシュ)、中国で仕事をしている次男ジェレミー(ジェレミー・レニエ)。だが、久しぶりの楽しい時間にも関わらず、母はしきりに美術品の行く末を気にかけていた。自分が死んだら家も美術品も売ってほしいと頼む彼女に、フレデリックは、何も売らず子供たちが受け継ぐと苛立ちながら答える。次は大叔父の回顧展で集まることを約束し、エレーヌは慌しく帰りを急ぐ子供たちを見送った。その一年後、回顧展のあとに訪れた突然の母の死。悲しみに浸る間も無く、三兄妹は家と膨大な美術品という母の遺産と向き合うこととなる。フレデリックはそれらを手放すつもりはなかったが、アドリエンヌはアメリカ人の恋人ジェームス(カイル・イーストウッド)との結婚を決め、ジェレミーも中国に生活の拠点を移し、現地での住宅購入の意思を告げる。遺産を相続するには莫大な相続税がかかり、家も家族が集まる場所ではなくなるのだ。三人は家を売却、美術品をオルセー美術館に寄贈することで合意し、後日、美術館の職員たちが家から全てを持ち去っていった。がらんどうの家を一人訪れたポールの生前からの家政婦エロイーズ(イザベル・サドワイヤン)は、亡き主の好きだった花を墓前に捧げる。そんなある日、家を譲り渡す前にフレデリックの長女シルヴィー(アリス・ド・ランクザン)が、大勢の友人を招いてパーティーを開くことになった。爆音の音楽がかかる中、彼女はボーイフレンドを祖母との思い出が詰まった庭にこっそり連れて行き、何もかもなくなっていくと涙をこぼすのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年6月下旬号

評論家発映画批評:「夏時間の庭」

2009年5月下旬号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の3本:「夏時間の庭」