男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スラムドッグ$ミリオネア

  • すらむどっくみりおねあ
  • Slumdog Millionaire
  • SLUMDOG MILLIONAIRE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    79.0点(1166人)

  • 観たひと

    1939

  • 観たいひと

    101

  • レビューの数

    112

基本情報

ジャンル 社会派 / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2008
公開年月日 2009/4/18
上映時間 120分
製作会社
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

過酷な人生を駆け抜けてきた少年が、チャンスを掴み取るため世界最大のクイズショーに出演する。インドの作家ヴィカス・スワラップの小説「ぼくと1ルピーの神様」を、「トレインスポッティング」「サンシャイン2057」のダニー・ボイルが監督。脚本は、「フル・モンティ」のサイモン・ビューフォイ。世界各国の映画祭で多くの賞に輝き、アカデミー賞でも作品賞をはじめ8部門を独占した。インド版「クイズ$ミリオネア」のMC役は、インド映画界では大スターのアニル・カプールが演じ、他の俳優もほとんど日本では無名だが、それゆえに圧倒的なリアリティを感じさせられる。インドでオール・ロケーションされたイギリス映画。

あらすじ

インドのスラム街に生まれ育ったジャマール(デーヴ・パテル)は、人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演していた。司会者であるプレーム(アニル・カプール)の挑発にも反応しないで、難解な問題の数々に冷静な対応するジャーマルは、とうとう最後の1問というところにまでたどりついた。正解すれば、賞金は2000万ルピー。18歳のジャーマルにとって、一生かかっても手にできない大金である。 危機を感じたプレームは、1日目の収録が終わったところで警察に通報してジャマールを拘束させた。拷問を受けるジャマールは、これまで過ごしてきた人生を告白する。彼と兄のサリームは、幼い頃に母を亡くして孤児となった。そんな二人が出逢ったのは、孤児の少女ラティカだった。彼らは自分たちを「三銃士」に見立てて、過酷な現実を生き抜いていく。しかし、孤児たちを搾取する大人たちのもとから逃げ出す途中で、兄弟とラティカは生き別れとなってしまった。ジャマールとサリームは、金を盗んだり観光ガイドのフリをして生き延びていくが、やがてサリームは悪の道を歩みはじめる。そんな兄とは対照的な生き方をするジャマールの心の支えはラティカだった。彼女と再会したい彼は、「クイズ$ミリオネア」への出演を決意したのだ。そんなジャマールの身の上話を聞いて同情した警部は、彼を釈放した。「ファイナル・アンサー」を答えるため、テレビ局のスタジオへと戻るジャマール。同じ頃、組織に監禁されていたラティカを救うため、サリームは自分の命を犠牲にしていた。最後の問題で、ジャマールは電話を使う「ライフライン」を使う。電話に出た相手は、なんとラティカだった。まるで運命のように、二人は再会を果たしたのだ。難問にも正解して、2000万ルピーを獲得するジャマール。彼の苦難に満ちたこれまでの人生は、ようやく報われた。

関連するキネマ旬報の記事

2009年6月上旬号

評論家発映画批評:「スラムドッグ$ミリオネラ」

2009年5月下旬号

評論家発映画批評:「スラムドッグ$ミリオネラ」

2009年5月上旬号

REVIEW 外国映画:「スラムドッグ$ミリオネア」

評論家発映画批評:「スラムドッグ$ミリオネア」

2009年4月下旬号

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:ダニー・ボイル[監督]インタビュー

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:ドキュメント:オスカーへの軌跡

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:インドでの作品評価

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:作品評

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:ボリウッド映画的作品解説

巻頭特集「スラムドッグ$ミリオネア」:コラム インド映画ブーム再び!