男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

レッドクリフ PartII 未来への最終決戦

  • れっどくりふぱーとつーみらいへのさいしゅうけっせん
  • 赤壁=RED CLIFF: PART II
  • RED CLIFF: PART II

amazon


  • 平均評点

    71.0点(455人)

  • 観たひと

    868

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ 中国 日本 台湾 韓国
製作年 2009
公開年月日 2009/4/10
上映時間 144分
製作会社
配給 東宝東和=エイベックス・エンタテインメント
レイティング 不明
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演トニー・レオン 周瑜/Zhou Yu
金城武 諸葛孔明/Zhuge Liang
チャン・フォンイー 曹操/Cao Cao
チャン・チェン 孫権/Sun Quan
ヴィッキー・チャオ 孫尚香/Sun Shangxiang
フー・ジュン 趙雲/Zhao Yun aka Zhao Zilong
リン・チーリン 小喬/Xiao Qiao
ユウ・ヨン 劉備/Liu Bei
ホウ・ヨン 魯粛/Lu Su
トン・ダーウェイ 孫叔材/Sun Shucai
ソン・ジア 驪姫/Li Ji
バーサンジャブ 関羽/Guan Yu
ザン・シンシェン 張飛/Zhang Fei
チャン・サン 黄蓋/HuangCai
特別出演中村獅童 甘興/Gan Xing

解説

英雄伝『三国志』のエピソード"赤壁の戦い"を中国語映画史上最大の規模で映画化した二部作の完結編。中国をはじめ、日本、アメリカ、台湾、韓国の合作で、「フェイス/オフ」「M:I-2」などハリウッド映画界でも活躍するジョン・ウーが脚本・監督。周瑜役に「ラスト、コーション」のトニー・レオン、孔明役に「LOVERS」の金城武、孫権役に「ブエノスアイレス」のチャン・チェンなど、俳優陣もアジアを代表するスターたちが集まった。圧倒的なスケールと迫力の戦闘シーンは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのオーファネージ社が担当した。

あらすじ

2000隻もの軍艦を率いる曹操(チャン・フォンイー)のもと、孫権(チャン・チェン)の妹である尚香(ウィッキー・チャオ)は男装して侵入していた。曹操軍に疫病が蔓延していることを知った彼女は、その事実を伝書鳩に託して孔明(金城武)に伝える。残虐非道な曹操は、疫病で亡くなった兵士たちの死体を船に積み、連合軍のいる彼岸へと流していった。その一方、軍の士気を高めるために蹴鞠の大会も催して、そこで活躍する兵士を昇進させる。曹操の非道さに憤る周瑜(トニー・レオン)たち連合軍は憤るが、傷ついた兵士と疫病を目の当たりにした劉備(ヨウ・ホン)は撤退を決意する。それでも、孔明は周瑜とともに戦地に残った。劉備たちが4万本もの矢を持っていると知った孔明は、三日で10万本の矢を調達すると周瑜に宣言する。藁で覆った20隻の船で敵陣に侵入した孔明は、濃霧で視界不良の中、曹操軍から弓矢での一斉攻撃を受けるが、放たれた10万本もの矢をまんまと手に入れた。失態を犯してしまった曹操軍の蔡瑁と張允は、曹操によって処刑される。曹操軍の陣営の配置図を完成させた尚香が帰還した。2000隻もの戦艦に連合軍は声を失うが、周瑜はそこから勝機を見出す。その作戦を実行するためには風向きが重要だった。気象学や地理学を駆使して、周瑜は連合軍に有利な「東南の風」が吹く日を割り出した。その頃、自身が戦乱の発端とを知った周瑜の妻である小喬(リン・チーリン)は、自ら曹操のもとへと向かった。曹操と連合軍の赤壁での戦いが始まった。火弓を使って、圧倒的な戦力の曹操を連合軍は焼きつくそうとする。火を煽る東南の風にも助けられ、連合軍は勝利を収める。その戦いに、小喬は涙を流した。戦いには勝ちながらも、周瑜の胸には虚しさだけが残る。その思いは、孔明も同じだった。最大の友であった二人にも、別れを告げる時がきた。

関連するキネマ旬報の記事

2009年9月下旬号

インタビュー:フー・ジュン「レッド・クリフ PartI&II」出演

2009年6月上旬号

評論家発映画批評:「レッドクリフ PartIIー未来への最終決戦ー」

2009年5月上旬号

REVIEW 外国映画:「レッドクリフ PARTII-未来への最終決戦-」

2009年4月下旬号

「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」:ヒットの分析

「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」:作品評