男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

THIS IS ENGLAND

  • でぃすいずいんぐらんど
  • This Is England
  • THIS IS ENGLAND

amazon


  • 平均評点

    74.7点(46人)

  • 観たひと

    83

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2006
公開年月日 2009/3/14
上映時間 98分
製作会社
配給 キングレコード=日本出版販売
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1980年代初頭のイギリスを背景に、少年が仲間と出会い自らの生きる道を模索していくドラマ。「トゥエンティフォー・セブン」のシェ-ン・メドウズ監督の実体験を基に、当時の若者たちの姿を描く。出演は『Somers Town』のトーマス・ターグーズ、「スナッチ」のスティーヴン・グラハム、「ワンダーラスト」のヴィッキー・マクルーアなど。

あらすじ

1983年、サッチャー政権下のイギリス。フォークランド紛争で父親を亡くした10歳のショーン(トーマス・ターグーズ)は、ロンドン郊外で母親と二人で暮らしている。学校でダサいファションとからかわれたショーンは、喧嘩をして校長から大目玉。その帰路、スキンヘッドのグループがたむろしているところを通りかかると、リーダー格のウディ(ジョセフ・ギルガン)が、ショーンを傍らに座らせ話を聞いてくれる。彼らと仲良くなったショーンは、母親にスリムのジーンズを買ってもらい、ウディの彼女・ロル(ヴィッキー・マクルーア)に頭を剃ってもらう。ロルからシャツとサスペンダーをプレゼントされたショーンは、こうしてスキンヘッズの仲間となった。そんなある日、彼らのリーダーだったコンボ(スティーヴン・グラハム)が、刑務所から戻ってくる。コンボは、現在のイギリスの退廃の原因は移民のせいだと主張、パキスタン人を恐喝する。ウディやロルはコンボから離れていくが、ショーンはコンボと共にグループの一員となり、その中で自分の生きる道を見つけていく。

関連するキネマ旬報の記事

2009年4月上旬号

REVIEW 外国映画:「THIS IS ENGLAND」

2009年3月下旬号

特集「THIS IS ENGLAND」:シェーン・メドウズ監督が語る「これがイギリス」

特集「THIS IS ENGLAND」:作品評

特集「THIS IS ENGLAND」:現代イギリス人と"This is England"の実感