男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ボクと天使とあの夏ノおもひで。

  • ぼくとてんしとあのなつのおもひで
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    0

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009/1/17
上映時間 117分
製作会社 スタジオクオリア
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督加藤直也 
脚本加藤直也 
脚本制作協力中原崇 
英語訳伊藤真由美 
撮影加藤直也 
音楽ブラム・パーカー 
主題曲/主題歌ひまり:(「僕に出せる限りの声を…」)
挿入歌らぞく:(「青い鳥」)
編集加藤直也 
ヘアメイク鈴木芳貴 
スチール佐藤敬之 
ヘアメイク助手本谷留衣子 
メイキングビデオ撮影三浦保 
サブスチールカメラマン中村繭子 

キャスト

解説

平凡な男子高校生とネコ耳をつけた天使の青春ラブストーリー。憧れの女の子に告白するも振られてしまった高校生の前に天使が現れる。彼女は彼の恋を実らせようとするが、次第にお互い惹かれるようになる。監督は「「アカリとマサ」の場合」の加藤直也。出演は、佐々木耕平、麻倉来未、「劇場版 首領への道」の武智大輔。

あらすじ

海辺で高校時代の仲間たちと会った小川悠太(佐々木耕平)は、高校生だった10年前のある夏のできごとを思い出す。高校時代の悠太は、憧れていた女子生徒・白鳥今日子(阿部友美)に告白するが、振られてしまう。しかし彼は、今日子のことを諦めきれずにいた。そんな悠太の前に、天野エリカ(麻倉来未)という、ネコ耳のカチューシャをつけた天使が現れる。彼女は神から、悠太の愛を実らせるという使命を受けてやってきていた。悠太はフットサル部に所属していたが、チームはずっと負け続けている。しかしエリカの力で試合に勝利することができ、悠太も自分に自信を持つようになる。こうして日々を共にすごすうち、いつも明るいエリカに、悠太は次第に恋心を抱くようになっていった。エリカも、悠太の愛が実れば自分は消えてしまうことを知りながらも、彼にひかれていく。

関連するキネマ旬報の記事