男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

その男ヴァン・ダム

  • そのおとこばんだむ
  • Jcvd
  • JCVD

amazon


  • 平均評点

    66.7点(66人)

  • 観たひと

    126

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 ベルギー ルクセンブルク フランス
製作年 2008
公開年月日 2008/12/27
上映時間 96分
製作会社 ゴーモン=サムサ・フィルム
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「ストリートファイター」などで90年代に人気を誇ったアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるメタ・フィクション・コメディー。製作総指揮も務めた彼は新境地を開いた。監督は長編二作目のマブルク・エル・メクリ。「狼たちの午後」など70年代アメリカ映画に対するオマージュにもなっている。

あらすじ

ジャン=クロード・ヴァン・ダム(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)、48歳。1990年代を席巻したハリウッド最強のアクションスターもいまや時代に取り残されていた。ギャラは急降下、出演作は劇場公開もされず、ビデオショップの片隅にひっそりと並べられるのみ。久々の大役はスティーブン・セガールに奪われる。私生活では最愛の娘に嫌われ、預金も底をついていた。全ての気力が失せた彼は、ロサンゼルスの喧騒から逃れ、故郷ベルギーのブリュッセルへと向かう。だが、休息のつもりで訪れた故郷で、とどめの一撃をくらうことに。娘の親権裁判の弁護士が、費用を早急に払わないと弁護を降りると通告してきたのだった。窮地に陥ったヴァン・ダムだったが、エージェントによるギャラの前払い交渉が何とか成功。早速、現金の引き出しに向かう。ところが、郵便局に入った途端、銃声が鳴り響き、背後のドアが閉じられる。ちょうど郵便局を襲撃した強盗の仕業だった。犯行グループは郵便局を占拠。ヴァン・ダムも人質にとられてしまう。しかも犯人の一人(ジネディーヌ・スアレム)の企みにより、犯人はヴァン・ダムであると誤認され、マスコミや野次馬が現場に殺到。だが、当のヴァン・ダムは犯人に抵抗するどころか、簡単に脅しに屈し、回し蹴りの手本まで見せる始末。アクションスターとしての力も誇りもなくした彼にできる事は、ただ無抵抗を貫くことだけだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年1月下旬号

評論家発映画批評:「その男ヴァン・ダム」

2009年1月上旬新春号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の3本:「その男ヴァン・ダム」