男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マルセイユの決着

  • まるせいゆのおとしまえ
  • Le Deuxieme Souffle=The Second Wind
  • THE SECOND WIND

amazon


  • 平均評点

    72.2点(19人)

  • 観たひと

    38

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2007
公開年月日 2008/12/20
上映時間 156分
製作会社 ARP=TF1 Films Production
配給 ヘキサゴン・ピクチャーズ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

フィルム・ノワールの巨匠ジャン=ピエール・メルヴィルの「ギャング」を「めぐり逢う朝」のアラン・コルノー監督がリメイク。出演は「画家と庭師とカンパーニュ」のダニエル・オートゥイユ、「マレーナ」のモニカ・ベルッチ。パリ、マルセイユを舞台に、時代に取り残されながらも、誇り高く生きるギャングたちの姿を描く。

あらすじ

1960年代、フランス。脱獄した大物ギャング、ギュ(ダニエル・オートゥイユ)は、亡き相棒の愛人マヌーシュ(モニカ・ベルッチ)や暗黒街の仲間たちに会うためにパリへ向かう。だが、街の様相は一変していた。頭角を現していたのは、私利私欲のために堅気の人間を襲うことも厭わない、顔役ヴァンチュール(ダニエル・デュヴァル)の弟ジョー・リッチ(ジルベール・メルキ)。マヌーシュと彼女の用心棒がその一味の襲撃を受けたとき、現れたギュが窮地を救う。静かに闇に葬られるチンピラたち。暗黒街の変わりように失望した彼は、マヌーシュを連れて国外逃亡を企てる。マルセイユに移った二人の間には、いつしか愛が芽生えていたのだった。そこで、彼は逃亡資金を得るため、昔馴染みの一匹狼オルロフ(ジャック・デュトロン)の持ちかけた金塊強奪計画に加わる。だが、その首謀者はヴァンチュール。計画は成功するが、ギュはパリ市警のブロ警視(ミシェル・ブラン)に捕らえられる。頭脳明晰なブロ警視の罠にはまった彼は、首謀者ヴァンチュールの名前を吐いてしまう。これによって仲間から裏切り者の汚名を着せられたギュは、屈辱を晴らすべく、再び脱獄。一方、兄を捕らえられたジョーは、裏切り者の始末にオルロフを差し向ける。暗黒街に姿を現したギュは、マヌーシュへの愛を胸に最後の大仕事に挑む……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年1月上旬新春号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の3本:「マルセイユの決着(おとしまえ)」