男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

寝取られ男のラブ・バカンス

  • ねとられおとこのらぶばかんす
  • Forgetting Sarah Masrshall
  • FORGETTING SARAH MASRSHALL

amazon


  • 平均評点

    66.1点(35人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ / ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/12/20
上映時間 111分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング R-18
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

5年間付き合った恋人と別れた男が、傷心旅行で訪れた先のハワイで新たな恋と元恋人の誘惑との間で心乱れるラブ・コメディ。監督は、「ディック&ジェーン 復讐は最高!」の共同脚本を務めたニコラス・ストーラー。本作が初監督作品となる。出演は「SLC(ソルト・レイク・シティ)PUNK!!!」のジェイソン・シーゲル、『HEROS』(第2シーズン)のクリスティン・ベル、「アメリカン・サイコ2」のミラ・クニスなど。

あらすじ

人気TVシリーズ『クライム・シーン』へ音楽を提供しているミュージシャン・ピーターは、同作の主演女優サラ・マーシャルと付き合って5年になる。仕事は単純で退屈で、本当は自らが企画したロック・ミュージカルの作曲に専念したかったが、彼女との幸福な暮らしを思えばそれにも耐えられた。しかし、ある日突然、サラは他に好きな人ができたと別れを切り出す。ショックから立ち直れないピーターは、弟の勧めでハワイへ傷心旅行に出かける。ところが、同じホテルにはサラも新しい恋人とともに宿泊していた。その恋人とは、どう見てもダサいがなぜか人気のあるロックバンドのボーカリスト・アルダスだった。気分転換どころか心の傷がますます深くなるピーターに同情し、救いの手を差し伸べたのが、ホテルのフロント係をしているエキゾチックな美女レイチェル。彼女と交流を重ね、デートするうちに、ピーターは新たな恋の芽生えを実感し、少しずつ恋の痛手から立ち直ってゆく。そんなある日、サラの元に『クライム・シーン』の打ち切りの知らせが入る。ショックを分かち合える唯一の存在であるピーターに、彼女はこの話を打ち明けた。この一件でピーターの胸によりを戻す欲求が沸々と沸き起こるが、一方ではレイチェルと一線を越えて、ついに深い仲となってしまう。キャリアに関して不安に陥ったサラと、マイペースで身勝手なアルダスの仲はぎくしゃくし始めていた。やがて彼らは大ゲンカの末に破局を迎える。それを知り、慰めようとサラの部屋を尋ねるが、そこで待っていたのは彼女の誘惑だった。心乱れまくる優柔不断なピーターだが……。

関連するキネマ旬報の記事