男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブリュレ

  • ぶりゅれ
  • Brulee
  • BRULEE

amazon


  • 平均評点

    57.7点(3人)

  • 観たひと

    5

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/10/25
上映時間 71分
製作会社 シネバイタル
配給 シネバイタル
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット HDCAM

スタッフ

監督林田賢太 
脚本林田賢太 
英文翻訳Taka ARAI 
練生川愛 
プロデューサー赤間俊秀 
三坂知絵子 
制作プロデューサー津山有希江 
プロデューサー補水波圭太 
共同プロデューサー水野智史 
撮影監督佐藤安弘 
撮影早坂伸 
加藤哲宏 
撮影補廣光詠司 
撮影豊田洋通 
ミニチュア制作水原和美 
小道具水原和美 
美術助手中込慧 
池田真弓 
美術高橋純子 
音楽水野敏宏 
akino 
Akino 
録音辻ひとみ 
整音加納響 
サウンドデザイン水野敏宏 
照明川上聖子 
大城享義 
編集技術菅井伸之 
ポストプロダクション浜口文幸 
スタイリング影山莉久 
黒崎清佳 
スタイリスト木下志津子 
ヘアメイク徳田かおり 
稲毛さつき 
ポストプロダクション・アドバイザー井出広法 
MA田中俊 
音楽演奏結城貴弘 
萩原薫 
Akino 
アソシエイト・プロデューサー谷健二 
アシスタント・プロデューサー高橋智己 
制作主任菊池清嗣 
制作担当江本慎介 
栗原洋平 
製作進行瀬尾欣也 
助監督高野雄宇 
写真木村和夫 
宇野綾子 
白木さつ子 
CG戸田泰雄 
イラストTAM. 
字幕小清水かほり 
テクニカル・アドバイザー柳下嘉和 
小道具助手一色理絵 
進行助手児玉祥吾 
新改諭 
照明応援三代史子 
録音応援加唐学 
後援折出武司 
廣光清次郎 
廣光朋子 
栗原樹文 
栗原勝代 
水野清吾 
水野静子 
水野綾巳 
音楽協力泉輝紀 
衣装協力稲元みゆき 
伊藤洋一 
沖島裕 
照明協力樋浦雅紀 
ポスプロ協力森満康巳 
音効協力村主正仁 
演奏協力Rico 
秋田・能代ロケ協力佐々木松夫 
特別協力田村昭夫 
大友英治 
飯坂恵子 
伊藤洋文 
今立善子 
岩谷作一 
梅田佳洋 
戎屋鉱希 
大倉均 
大瀧幸 
薄井司 
大山了 
加賀義章 
北林幸男 
佐藤清吾 
田口彦也 
高橋真理子 
棚橋晴生 
土崎銑悦 
平川賢悦 
平川順二 
能登均 
福田幸一 
児玉孝四郎 
今野容子 
大越孝生 
簾内克弘 
小沼俊男 
渡部信之 
平野清隆 
長谷川直人 
畠中徹 
大高さつき 
佐藤範子 
フードコーディネーター丸野貴子 
制作応援高見綾子 
飯村周音 
えんだ勝美 
郡山大輔 
平井正行 
劇中写真キャスティング高橋由利子 
ノベライズ平田拓朗 
出版市村さち 
中村暁 
濱口和正 
制作応援山下カヲル 
北島亜美 
佐々岡沙樹 
佐藤由美子 
橋本万葉 
小川仁美 
協力我妻正義 
青池雄太 
橋本渉 
石出裕輔 
長尾優 
高橋祐子 
政成和慶 
小山田千春 
城間健市郎 
増山正子 
西村敦子 
市川清 
佐久間洋 
茂木一樹 
安田ショーヘイ 
杉浦昭嘉 
池井祐子 
藤崎美和 
苗山江音 
松本浩之 
木下勝 
桑原忠好 
長谷川健 
下田大作 
洋菓子制作伊藤寿哉 
ケータリング佐藤和美 
佐藤恵美子 
大倉昭子 
劇中バスドライバー柴森茂美 
ロケバス川村博重 

キャスト

解説

東北の町で暮らす放火癖のある少女と、病気で余命いくばくもない双子の妹。離れて暮らしていた二人が13年ぶりに再会、失われた時を取り戻すかのように絆を深めていく姿をリリカルに綴る。主演はオーディションで選ばれ、本作が映画初出演となる双子の姉妹、中村梨香と中村美香。監督は本作が劇場用映画デビューの林田賢太。

あらすじ

東北の海沿いの町で、放火を繰り返している17歳の少女・日名子(中村美香)。彼女のもとを、双子の妹・水那子(中村梨香)が九州から訪ねてくる。4歳の時、事故で離ればなれになった一卵性双生児の、13年ぶりの再会だった。二人は、洋菓子店を営む叔父(小田豊)の家で一緒に暮らし始める。“祖母の遺骨を墓に納めるため”と水那子は訪問の理由を告げる。だがそれは嘘で、祖母は死んではいなかった。実は、悪性の脳腫瘍で余命数ヶ月と診断されていた水那子は、どうしても死ぬ前に日名子に会っておきたかったのだ。だが日名子には嘘をつく理由が分からない。本当の事を打ち明けることができない水那子は、家を飛び出してしまう。電車を待つ水那子をある予感が包み込む。その予感通り、日名子の家は炎上していた。“水那子がいないと火をつけちゃうよ”と告白する日名子の手を取って、その場から逃げ出す。行き先は、二人が一緒だった頃暮らしていた南の海。“あの海に行けば、もう一度ひとつになれる”という思いを抱えて……。

関連するキネマ旬報の記事