男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イントゥ・ザ・ワイルド

  • いんとぅざわいるど
  • Into the Wild
  • INTO THE WILD

amazon


  • 平均評点

    78.5点(481人)

  • 観たひと

    851

  • 観たいひと

    136

  • レビューの数

    55

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/9/6
上映時間 148分
製作会社
配給 スタイルジャム
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

『プレッジ』以来となる待望の作品で、ショーン・ペンは、優れた監督としての技量を存分に発揮している。2008年アカデミー賞の監督賞候補に絡まなかったのが不思議なほど素晴らしい。1992年にアラスカの荒野で死体となって発見された若者クリストファー・マッカンドレス。その生と死に迫ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」に惚れ込み、映画化権獲得に10年近い歳月を費やし自ら脚本も手がけている。クリス役に抜擢されたのは『スピード・レーサー』にも主演した新鋭エミール・ハーシュ。知的で無謀で純粋な青年役を熱演している。18キロもの減量に挑み演じた孤独と飢餓に陥って行く様は圧巻。

あらすじ

1990年夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは、将来へ期待を寄せる家族も貯金も投げ打って、中古のダットサンで旅に出る。やがてその愛車さえも乗り捨て、アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、忘れ難い出会いと別れを繰り返して行く。文明に毒されることなく自由に生きようと決意した彼が最終的に目指したのは遙か北、アラスカの荒野だった。

関連するキネマ旬報の記事

2009年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:外国映画監督賞 ショーン・ペン

2008年10月下旬号

劇場公開映画批評:「イントゥ・ザ・ワイルド」

2008年9月下旬号

第2特集 「イントゥ・ザ・ワイルド」:監督論 ショーン・ペンの手腕

第2特集 「イントゥ・ザ・ワイルド」:俳優論 エミール・ハーシュの魅力

第2特集 「イントゥ・ザ・ワイルド」:「イントゥ・ザ・ワイルド」が描く青春の肖像

第2特集 「イントゥ・ザ・ワイルド」:作品評

REVIEW 2008:「イントゥ・ザ・ワイルド」