男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラブ・アクチュアリー

  • らぶあくちゅありー
  • Love Actually
  • LOVE ACTUALLY

amazon


  • 平均評点

    79.7点(928人)

  • 観たひと

    1729

  • 観たいひと

    192

  • レビューの数

    72

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 イギリス アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/2/7
上映時間 135分
製作会社
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

『ブリジット・ジョーンズの日記』の脚本家、リチャード・カーティスの初監督作品。テーマは愛、それも難民救済のような崇高な愛ではなく、夫婦の愛、親子の愛、友情といた、どこにでもある平凡な愛だ。『フォー・ウェディング』『ノッティング・ヒルの恋人』など、ラブストーリーが得意な彼だけに、愛を語る素敵な言葉が随所にちりばめられている。19人もの登場人物のドラマを同時進行させたのも、脚本家出身の彼ならではの妙技だ。そして、この豪華なキャスティング。彼の積み重ねてきたものを全て凝縮したかのような、まさに集大成とも言える作品である。

あらすじ

12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。様々な人々の「愛」についての物語。

関連するキネマ旬報の記事

2004年4月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ラブ・アクチュアりー

2004年3月下旬号

劇場公開映画批評:ラブ・アクチュアリー