男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コッポラの胡蝶の夢

  • こっぽらのこちょうのゆめ
  • YOUTH WITHOUT YOUTH
  • YOUTH WITHOUT YOUTH

amazon


  • 平均評点

    69.7点(78人)

  • 観たひと

    140

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ ドイツ イタリア フランス ルーマニア
製作年 2007
公開年月日 2008/8/30
上映時間 124分
製作会社
配給 CKエンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

『レインメーカー』以来、10年ぶりとなるコッポラ監督作だ。原作は、幻想文学の鬼才ミルチャ・エリアーデが円熟期に著した「若さなき若さ(Youth Without Youth)」。66歳の時にこの原作と出会ったコッポラは強い共感を覚え、すぐに映画化の交渉に入ったという熱の入れよう。主演は、若い頃からコッポラとの仕事を熱望していたという演技派ティム・ロス。26歳から101歳までのドミニクを、知性たっぷりに熱演している。ヒロインにはルーマニア出身の美人女優アレクサンドラ・マリア・ララ(「ヒトラー~最期の12日間~」)が抜擢され、花を添えている。また、コッポラと縁の深いあの俳優がカメオ出演しているところも、ぜひ見逃さないでほしい。

あらすじ

第二次世界大戦前夜のルーマニア。年老いた言語学者のドミニクは、一生をかけた研究も未完のまま、かつて愛した女性ラウラのことばかり想い続けていた。そんな日々に耐え切れず自殺を決意した日、彼を落雷が直撃する。全身火傷の重傷を負いながら、彼は奇跡的に一命をとりとめたのだった。驚異的なスピードで回復していくドミニクの身体―。不思議なことに肉体と頭脳は驚異的に若返り、さらに超常的知能を発揮するようになる。

関連するキネマ旬報の記事

2008年10月上旬号

劇場公開映画批評:「コッポラの胡蝶の夢」

2008年9月上旬号

特集 帰って来たコッポラ 「コッポラの胡蝶の夢」と波瀾に満ちた映画人生:フランシス・フォード・コッポラ監督 インタビュー

特集 帰って来たコッポラ 「コッポラの胡蝶の夢」と波瀾に満ちた映画人生:監督論

特集 帰って来たコッポラ 「コッポラの胡蝶の夢」と波瀾に満ちた映画人生:デビューから現在まで~コッポラの軌跡

REVIEW 2008:「コッポラの胡蝶の夢」

2008年6月下旬特別号

HOT SHOTS:「コッポラの胡蝶の夢」最新情報