男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シティ・オブ・メン

  • してぃおぶめん
  • Cidade Dos Homens=City of Men
  • CITY OF MEN

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.4点(31人)

  • 観たひと

    67

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 ブラジル
製作年 2007
公開年月日 2008/8/9
上映時間 106分
製作会社 O2フィルムズ
配給 アスミック・エース
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

フェルナンド・メイレレス監督(本作では製作)の名作『シティ・オブ・ゴッド』(その後のTVシリーズも好評)の兄弟篇といえる本作でも、描かれるのはリオデジャネイロのスラム街=ファヴェーラで繰り広げられるギャングたちの“仁義なき戦い”。だが本作は、二人の若者を物語の軸に据えることによって、友情、兄弟愛、父性といったテーマにフォーカスしている。また、立体感のあるリオの街を多角的に捉え、スラムがへばりつく丘から観光客が集うリゾートビーチへの距離感、さらに街のヒエラルキーが映し出されていて興味深い。100%ハンディ・キャメラで撮影された少年ギャングたちの激しい銃撃戦は、身の毛もよだつ迫力で迫ってくる。

あらすじ

リオデジャネイロの貧民街“ファヴェーラ”で生まれ育った二人の少年、アセロラとラランジーニャは親友同士。幼い時から一緒に育った仲だ。ある日、ラランジーニャは長い間行方不明だった父親と再会する。彼は父親と暮らし始め、幼い子供を持つアセロラと距離を置くようになる。ギャング・グループの抗争が激しさを増す中、アセロラに残された道は、地元のグループに入ることだけだった…。

関連するキネマ旬報の記事

2008年9月上旬号

REVIEW 2008:「シティ・オブ・メン」

2008年8月下旬号

インタビュー:パウロ・モレッリ監督 「シティ・オブ・メン」